スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「道(1954)」 愛を伝える
貧しい精神薄弱の娘は、家族を助けるために、
1万リラで、粗野な大道芸人ザンパノに売られる。
二人は、オート三輪で、大道芸の旅を続ける。
純粋無垢で優しい心を持つジェルソミーナ。
ザンパノの暴力、酒、女と家畜のように扱われ、
何度も逃げようとする。
だが、次第にザンパノに愛を抱くようになる。

男:ザンパノ
女:ジェルソミーナ

ジェルソミーナ 「前には家へ帰りたくて 仕方がなかった
           でも今は どうでもよくなったわ
           あんたといる所が 私の家だわ



映画を全編みればわかります。
せつない、とにかくせつないのです。
どんなに辛くあたられようが、「私がいないと 彼はひとりぼっちよ」
と言って、離れようとしない。
不器用な言葉だけど、彼女の純粋な想いが伝わります。


道
道(1954)
監督: フェデリコ・フェリーニ
出演: ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2009/04/27 00:06】 | 愛を伝える | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。