スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「メイド・イン・マンハッタン」 人生に役立つ名セリフ
 シングル・マザーのマリサは、五つ星ホテル、ベレスフォードの優秀な客室係。ひとり息子タイを育てながら毎日せわしない生活を送っている。ある日ホテルに次期大統領の呼び声も高い政界のサラブレッド、クリス・マーシャルがチェックイン。

 ある日、彼女は職場に同伴した息子タイを洗濯室に預け、同僚とスイートルームの清掃に取り掛かっていた。この時、宿泊者で社交界の富豪キャロラインからブランドものの服を店に返却するよう頼まれていたマリサ。そのコートに5000ドルの値札が付いているのを見て、ステファニーはビックリ。「こんな機会は二度とないんだから」と、しぶるマリサに試着をすすめる。と、そこにマリサを探しに来たタイが現われた。ひとり遊びに飽きてホテルを散策していた彼は、エレベーターで上院議員候補のクリス・マーシャル(レイフ・ファインズ)と出逢い、一緒に犬の散歩に出かける許可をもらいにやって来たのだ。タイの後から部屋に入ってきたクリスを見て、驚くマリサ。もしも、宿泊客の服を勝手に着ていることがバレたら大変なことになる。仕方なく彼女は「キャロライン」になりすまし、クリスとタイと一緒に散歩に出かけることになった。美しく聡明なマリサに心奪われるクリス。

 本当はメイドであることを打ち明けられなくなったマリサは、関係に終止符をうつべく最後のパーティーに向かう。クリスは、マリサの美しさに感激して、ダンスをする。だが、そこにはキャロラインも参加していた。マリサをどこかで見た気がする。いたたまれなくなったマリサは、逃げ出すように、その会場から走り出て行く。クリスは、マリサを追い、2人は大雨の夜、クリスのホテルの部屋で結ばれる。

 だが、キャロラインが、自分の洋服を着て写っているマリサの姿をモニターで確認し、ホテル側に抗議をしにいく。マリサはホテルをクビになる。このとき、マリサに協力したベテランホテルマンのライオネルも自ら進んで一緒にクビになる。別れのとき、ライオネルは、マリサを励ます。

ベテランホテルマン(男):ライオネル


「人に仕える仕事はー
  品位と知性を必要とする
  使える相手は
  金を持ってるだけ
  彼らに仕えても
  我々は 彼らの召使いじゃない
  人間の価値は仕事の内容で
  決まるのではなくー
  挫折をどう乗り越えるか・・・・
  それが決め手となる



メイド・イン・マンハッタン

メイド・イン・マンハッタン
出演: ジェニファー・ロペス, レイフ・ファインズ, 、その他。
監督: ウェイン・ワン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2006/03/20 15:59】 | 人生に役立つ名セリフ | トラックバック(8) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。