スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ピアノ・レッスン」 愛を伝える
19世紀半ば。スコットランドからニュージーランドへ、エイダは、入植者のスチュワートに嫁ぐために、娘のフローラと一台のピアノとともに旅立った。口のきけないエイダにとって、ピアノはいわば分身であり、彼女の言葉だった。そのピアノをスチュワートは重すぎると浜辺に置き去りにする。スチュワートは、ピアノを原住民に同化しているへインズに土地と交換してしまう。べインズはエイダに、ピアノをレッスンしてくれれば返す。レッスンをすれば一回ごとに黒鍵を一つずつ返すと言う。こうして、エイダは、べインズの家に出入りするようなる。初めはべインズを嫌ったエイダだったが、レッスンを重ねるごとに気持ちが傾いていく。そして、二人は、愛欲を重ねていく。

男:ベインズ
女:エイダ

べインズ 「エイダ おれは 不幸だ
       君が 欲しい
       君のことで 頭が一杯だ
       とても 苦しい
       いつも 君のことを想ってー
       食事ものどに通らず 眠れない
      
       おれのことを 想ってないのなら
       行ってくれ 行けよ 行け
       帰ってくれ! 行け」



べインズ 「行ってしまうのか? つらいな
       言ってくれ また来てくれるのか?
       待てよ 君の気持ちが 分からん
       少しは おれのことを?
       離れたくない
       おれを 愛してるか?
       明日も来てくれ
       君が 本気なら 明日も



「君が 欲しい 君のことで 頭が一杯だ
  とても 苦しい いつも 君のことを想ってー
  食事ものどに通らず 眠れない 離れたくない」

ここまで、ストレートに、情熱的に言われると、
すごく印象に残るし、嬉しいな!


ピアノ・レッスン

ピアノ・レッスン
出演: ホリー・ハンター, ハーヴェイ・カイテル, その他
監督: ジェーン・カンピオン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/10/23 18:11】 | 愛を伝える | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<「ピアノ・レッスン」 愛を伝える | ホーム | ホテルのクリスマスイベントを満喫しよう!2005>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/86-fe4465e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
女の真実~「ピアノ・レッスン」と「青いパパイヤの香り」
一個のコインのように、それぞれがそれぞれの表と裏を併せ持つ、そんな映画がある。この映画雑感でも書いた「雨あがる」と「たそがれ清兵衛」、「ロスト・イン・トランスレーション」と「ヴァイブレータ」、そして今回の「ピアノ・レッスン」と「青いパパイヤの香り」。.... 映画雑感【2005/11/03 11:35】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。