スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「25年目のキス」 愛を伝える
シカゴ・サン・タイムズ社の新聞記者ジョージは、25歳。記者でありながら、記事を書かせてももらえない。オクテで、男性と付き合ったこともなければ、キスをしたこともない。そんなジョージに、念願の記者の仕事のチャンスが訪れる。それは、高校への潜入ルポ。高校時代は、地味一筋で、「醜い」といじめられてきたジョージは、人気グループの一員に加わろうとするが、馬鹿にされ前途多難。

ジョージを見かねた弟ロブは同じ高校に入り、あっという間に人気者に。そして、ジョージが、金持ちで、「イカした女の子」だという噂を流す。ロブの後押しで、ジョージはいつの間にか人気グループの一員になる。

一方、コールソン先生の国語の授業。ジョージは、シェークスピアの言葉にうっとりする。コールソン先生との知的な会話が楽しいジョージ。サウス・グレン高校3年生の夜。観覧車や回るブランコなどの乗り物が、イルミネーションで光る。ジョージが1人で2人乗りの観覧車に乗ろうとすると、係員のおじさんが大声で誰か一緒に乗る人はいないか募る。つい個人的な話をしてしまうコールソン。

男:コールソン
女:ジョージ

コールソン 「こんな話すべきじゃなかった」
ジョージ  「話す相手がいるって
        いいことよ」
コールソン 「そうだね
        君が大人になったら
        男は みんな夢中になるよ

ジョージ  「先生だから そう言うのね」
コールソン 「先生だから 言うべきじゃない



日々、コールソンと一緒にプロムの準備に取り組む。
2人は、お互いにおのかな恋心をもつようになっていく。

プロムの日、ガイに誘われたジョージは、プロムクィーンに選ばれる。

ジョージをダンスに誘うコールソン。だが、友人をかばったはずみで、皆の前で、自分が潜入記者だと告白していまう。コールソンは、記事のために利用されたと思い込み、ジョージを置き去りにして去っていく。

ジョージは、自らの体験を新聞記事で発表。そして、記事の中でコールソンに誤り、愛を告白する。

「高校の野球試合の日、試合が始まる前の5分間カレがマウンドに来てキスをしてくれるのを、待っている」と。

たくさんの観客、報道陣が集まっている。グラウンドの真ん中に立つジョージ。コールソンは現れない。5分間は瞬く間に終わってしまった。マイクを落とすジョージ。観客もガッカリ。そこに、コールソンが急いで階段を下りてくる。


コールソン 「遅くなって ごめん
        こんなに待たせて

ジョージ  「ええ そうね」

熱いキスを交わす。




現実的には、ありえないシチュエーション!
でも、コールソンのセリフには、
優しさと女性をハッピーにさせる言葉がちりばめられています。

デートに遅刻したときには、
「遅くなって ごめん こんなに待たせて」
な~んて、言えば、彼女は許してくれるかもかもよ!?

25年目のキス

25年目のキス
出演: ドリュー・バリモア, デイビッド・アークェット, その他
監督: ラジャ・ゴズネル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/10/13 15:29】 | 愛を伝える | トラックバック(8) | コメント(3) | page top↑
<<「花様年華」 愛を伝える | ホーム | 「25年目のキス」 告白する>>
コメント
TBありがとうございます^-^
こんばんは~。
とってもキュートな映画ですよね。
けっこう好きな作品です。
私もTBさせてくださいね~♪
【2005/10/13 21:53】 URL | izura #-[ 編集] | page top↑
(お)(ん)(れ)(い)
色付きの文字斜体の文TBありがとうございました^-^
【2005/10/14 12:27】 URL | にわちゃん #K1jkZlV.[ 編集] | page top↑
Tbありがとう
会話が面白い映画でしたね。

ぶっさいくなジョジーも、大人なジョジーも、ドリュー・バリモアはキュートに演じていましたね!
【2005/10/18 19:28】 URL | Zero #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/72-e67b67e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
25年目のキス
映画を見た「25年目のキス」甘くちょっと切ない初恋のような胸キュンのラストに思わず感動そう・・・わたしも持っていたあんな想い胸キュンの気持ちを忘れずにあなたを想い続けたい 恋したい【2005/10/13 19:29】
25年目のキス NEVER BEEN KISSED (1999/アメリカ)
記者としての初仕事。25歳。17歳のフリして高校へ、潜入取材。今まで、一度も「本当のキス」をしたことがない、マジメ1本の女の子。自分の高校時代を振り返れば、いじめられっこの、悲惨な時代。そんな彼女が25歳にして、もう一度、高校時代を味わって、大切ないろいろなこ cube1555.com【2005/10/13 19:52】
「25年目のキス」 (米、1999年)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 25年目のキス ET少女、ドリューバリモアちゃん主演の作品。ラジャ・ゴズネル監督、共演はデビッド・アークエット。これまで一度も男性と付き合ったことがない25歳の新聞記者(ドリューちゃん)が、 無節操ニンゲンのきまま生活【2005/10/13 21:54】
ネクロポリス
ネクロポリス 上恩田 陸 新潮社 2005-10 Amazonで詳しく見る bk 読書blog【2005/10/14 08:46】
映画「25年目のキス」
原題:NEVER BEEN KISSED  -また学園ラブコメに泣かされた- シカゴで記者を目指すジョシー(ドリュー・バリモア)は、25歳にしてキス体験なしの真面目で勉強一筋に生きてきた女性だ。そんな彼女が特集記事を担当することになり、高校生として潜入、自分の高校時代の過 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2005/10/15 19:56】
25年目のキスというよりジェレミー・ジョーダンを観た
25年目のキスドリュー・バリモア ラジャ・ゴズネル デイビッド・アークェット 2 読書blog【2005/10/17 10:22】
25年目のキス
25年目のキス(NEVER BEEN KISSED)製作: 1999年、アメリカ監督: ラージャ・ゴスネル脚本: アビー・コーン、マーク・シルヴァースタイン出演: ドリュー・バリモア、デヴィッド・アークエット、ジョン・C・ライリー、リーリー・ソビエスキー、マイケル... 結局映画かよ【2005/10/23 23:16】
25年目のキス【1999・アメリカ】
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 25年目のキス ★★★★☆有名新聞社のコピーエディター、ジョジー(ドリュー・バリモア)。頭が切れ、仕事もできるが、容姿がイマイチダサい・・・25歳にして、キスの経験もなし。そんなジョジーに Happyになれる映画を観よう♪【2005/10/24 18:19】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。