スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ワーグナーとコジマ」 愛を伝える
19世紀のスイス。ルツェルン湖畔のやしき。ワーグナー55歳。彼はすでに「ニーベルンクの指環」等で世に名を轟かせていた。コジマ31歳。彼女は、ドイツ音楽会でゆるぎない地位にいるビューローの夫人であり、天才音楽家リストの娘。コジマは、夫と娘がいる身でありながら、ワーグナーの子を産み、彼のもとへ走る。

男:ワーグナー
女:コジマ

コジマ   「あなたは整頓の下手な方ね 仕事でも」
ワーグナー 「何も記憶できないのだ 何も
        君が来てくれると 世界はー 消え去る

コジマ   「お仕事は?」
ワーグナー 「君が戻ってくれた なぜ仕事など」
コジマ   「私のためよ
        そう 私のために仕事を
        私はハンスと子供たちを捨てて
        愛人のもとに走り
        不倫に生きることを 心に決めた
        私の罪を贖(あがな)うものは
        リヒャルドの仕事だけ」
ワーグナー 「私自身は
        もう何の価値もない人間なのだ
        “君がいると世界が消え去る”

  :
  :
  :
コジマ   「私はー あなたと一緒に死ぬわ リヒャルド」
ワーグナー 「私は君を愛す 君を賞賛しー 君に生きる

古典的なセリフまわしだけど、
「すべては君のために~ある」
みたいなことを言われると、悪い気はしないな!


20051009045030.jpg


ワーグナーとコジマ
監督:ペーター・パツァーク
出演:オットー・ザンダー 、ターチャ・サイブト


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/10/09 04:52】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「ワーグナーとコジマ」 愛を伝える | ホーム | 「娼婦ベロニカ」 愛を伝える>>
コメント
エクステンションダイエットの情報
エクステンションとは、付け毛・部分かつらの一種です http://farmstead.sabellsenterprises.com/
【2008/11/09 10:09】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/66-46f44362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。