スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「娼婦ベロニカ」 愛を伝える
1583年、ヴェネチア共和国。平民のベロニカは、貴族のマルコを愛していたが、身分違いを理由に、結婚することができなかった。恋をあきらめきれないベロニカは、コーティザン(高級娼婦)なることを決意する。他国まで知られたヴェネチアはのコーティザンは、美貌と教養が求められ、支配階級との交際ができる特権階級であった。ベロニカは、デビューと同時に、国務大臣、艦隊総督、司教など、時の権力者たちの間で、評判になっていく。愛のない結婚をしたマルコは、ベロニカがコーティザンになったことを知り、嫉妬の炎が燃えあがり、彼女に夢中になっていく。ベロニカは、妻のいるマルコを受け入れることができないでいた。マルコの真摯な気持ちに心打たれたベロニカは、2人の状況を受け入れる、マルコの愛を貫くことにした。だが、マルコは、オスマントルコとの戦いに駆りだされることになる。

男:マルコ
女:ベロニカ

マルコ  「妻を恨むな 愛してない
       僕を信じて

ベロニカ 「どうやって?」
マルコ  「君の信頼を勝ち取るよ
ベロニカ 「戦争で死ぬよ」
マルコ  「生還して君と生きる
       だから 離れないで

ベロニカ 「あなたの娼婦として」
マルコ  「それは言うな
       君はベロニカ
       詩人だ
       僕の女神だよ



女の側から言えば、
こんなセリフ、誰が信じるか・・・って感じですが、
信じちゃう女性もいるから不思議!


娼婦ベロニカ


娼婦ベロニカ
出演: キャサリーン・マコーマック, その他
監督: マーシャル・ハースコビッツ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/10/06 06:11】 | 愛を伝える | トラックバック(4) | コメント(4) | page top↑
<<「ワーグナーとコジマ」 愛を伝える | ホーム | 「ラブ・アクチュアリー」 プロポーズ>>
コメント
TBありがとうございました
おしゃれでステキなブログですね~。
私も夫にこのブログを見せてあげようかしら・・・。
これからもよろしくお願いします^-^
【2005/10/06 09:13】 URL | izura #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。
このセリフ、文字にするとかなりスゴイですよね~(笑)

【2005/10/06 21:09】 URL | gerry #HcsXjj6g[ 編集] | page top↑
トラバありがとうございました。

確かにこのセリフのあたりは、ちょっと(男にとって)都合が良すぎですよね(苦笑)
今言われたりしたら、引いちゃいますねぇ。。。
【2005/10/07 23:21】 URL | riko #-[ 編集] | page top↑
ボクシング
ボクシングを探すなら http://www.umaiumai.biz/101070/205072/
【2008/11/10 09:10】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/65-052ea632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「娼婦ベロニカ」 (米、1998年)
ビクターエンタテインメント 娼婦ベロニカ【字幕版】 友達が見に行きたいというんで、付き合って見に行った作品。ところがこれが大当たりだった。娼婦と聞くとどうも官能的な映画かと思ってしまうが、歴史的純愛物語である。舞台は16世紀ベネチア 無節操ニンゲンのきまま生活【2005/10/06 09:14】
『娼婦ベロニカ』
シネマdeひとりごと。【2005/10/06 21:04】
♯002 『娼婦ベロニカ』
Warning! : タイトルにびびって手に取るのをためらってはいけません!いかにタイトルで損をしているかのよい例がこの作品です(『悪霊喰』なんかもそう)。決して○ロビデオではありません!『恋におちたシェイクスピア』のヴァイオラのように力強く生きる女性が好 映画の知恵蔵【2005/10/06 21:33】
娼婦ベロニカ
ヨーロッパ随一の 富と退廃の都では女性は男性の所有物だったこの物語はそんな時代に 自由に生きた女性の実話である・・ CinemaCoconut【2005/10/06 22:28】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。