スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「勝手にしやがれ」 誘う
ミシェルは自動車泥棒の常習犯。追ってきた警官を殺してパリに逃げてきた。南仏の海岸で知り合い、親しくなったアメリカ娘の留学生パトリシアに会いにいく。

男:ミシェル
女:パトリシア

ミシェル  「ふたりで ローマへ行こう
        やっぱり君を愛してる
        確かめるために来たが 愛してる

 :
 :
パトリシア 「どうしたの?」
ミシェル  「見つめてるだけだ
パトリシア 「黙って帰って 怒ってる?」
ミシェル  「悲しいのがシャクだった
        目ざめて 女が横で眠っているのがいい

パトリシア 「当分パリにいるの?」
ミシェル  「金をとりに来たのとー
        君に会いに来た」
パトリシア 「私はダメよ」
ミシェル  「なぜ?」
パトリシア 「パリに美人は多いわ」
ミシェル  「それが変なんだ
        あれから2人寝たがしっくりこない

パトリシア 「しっくり?」
ミシェル  「いい女なのに 調子悪くて みじめなものさ 
        ローマへ行こう フランスはうんざりだ

パトリシア 「私はムリよ
        大学に行かないと 両親が送金をとめるわ」
ミシェル  「俺がいる」
パトリシア 「たった3日の仲なのに」
ミシェル  「いや5日だ
        また ノーブラだ」
パトリシア 「やめて 失礼よ」
ミシェル  「謝るよ
        何時だ
        あとで 会おう

パトリシア 「あとじゃなくて 今夜
        ここで」
 :
 :
ミシェル  「今夜 一緒に寝るか?
パトリシア 「分からない」
ミシェル  「俺とではよくないか?」
パトリシア 「いいわよ」
 :
 :
ミシェル  「俺を放ってくんだな
パトリシア 「明日会うわ ほんとよ」
ミシェル  「明日じゃない 今夜だ
パトリシア 「今夜はダメなのよ」
ミシェル  「残酷な女だ」
 :
 :
ミシェル  「君と一緒にいたい
パトリシア 「今日は頭痛がするの」
ミシェル  「寝なくていい 一緒にいたい
パトリシア 「それとちがうわよ なぜ悲しいの?」
ミシェル  「悲しいからさ
パトリシア 「バカな答え なぜ悲しいの?   
        私の話し方が丁寧すぎる?」
ミシェル  「違う 君なしではいられない
パトリシア 「いられるわ」
ミシェル  「だが いたくない
 :
 :
ミシェル  「俺の目をみろ その男に会うな
        残念なるかな 無念かな
        我が愛する女は 首すじが美しい
        胸が美しい 額が美しい
        膝も美しい なのに度胸がない



ここには、口説き文句が凝縮されていいます。
これだけ粘れば、女性は落ちるでしょう。
ぜひ、参考にいてね。


勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/09/25 19:50】 | 誘う | トラックバック(6) | コメント(3) | page top↑
<<「勝手にしやがれ」 かけひき | ホーム | 「恋人たちの予感」 告白する>>
コメント
TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただこうと思っていたのに、
なんだか調子が悪くできませんでした。

この映画はほんとクールっていう言葉がぴったり来ますよね。
すごく斬新な感じがしました。
【2005/09/27 20:46】 URL | あじさい #czwcMj9s[ 編集] | page top↑
はじめまして。
TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。

こうやって見ると…
セリフ良いなぁ、と改めて思いました。
【2005/10/13 00:04】 URL | カナ #-[ 編集] | page top↑
卓球
卓球を探すなら http://www.mladickrealty.com/101070/201955/
【2008/11/18 21:34】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/57-beccde92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヌーベルバーグについてより詳しく ゴダール編
勝手にしやがれアクセス解析によって、ヌーベルバーグについてより詳しい情報を求めている人が幾人かいることを知り、僕の知っている範囲でより詳しい情報を解説したいと思いました。前にも書きましたが本家ヌーベルバーグは、60年代のフランスで起こりました。それまでカイ シネマつれづれ日記【2005/09/26 03:53】
ゴダール論のほんの一部 ―Jean-Luc Godard―
Jean-Luc Godard (ジャン=リュック・ゴダール)映画監督ヌーヴェル・ヴァーグ1930年12月3日生まれ(出身地:フランス/パリ)(Cf.記憶と歴史と出自の抹殺)【1】ゴダールの人物は何でもやってのける。事実、彼らが心理的典型に属さないことは、何度となく指摘されたことで ◇◆Essayという試み◆◇【2005/09/26 13:42】
「勝手にしやがれ」ゴダール
1959年。パリを舞台に、犯罪に手を染め無軌道な生活を送る男の末路を描くジャン・リュック・ゴダール初期の代表作。以前にテレビで一度だけ見て以来です。で、今回ちゃんと見直したらば。なんか予想外。わりあい単純に楽しめてしまった。ゴダール作品ってのは難解で自己満足 族長の初夏【2005/09/26 19:15】
勝手にしやがれ
DVDでジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』を観た。ゴダールの長編第一作であり、ヌーヴェルヴァーグを代表する傑作だ。ハリウッドと対極を成すフランス映画で、散文詩のようなセリフ、モノクロ映像に手ブレを気にしない手持ちカメラ、即興演出やジャンピング あ~るの日記@ココログ【2005/09/26 20:52】
勝手にしやがれ
A BOUT DE SOUFFLE(1959年フランス)初めて見たゴダールです。ストーリーを辿っていくだけが映画じゃないと知った記念すべき映画です。適当やっちゃった感(言葉は悪いけど、緻密に作り上げた映画では決してないと思う。カットはくじ引きで決めたとか聞いたことあるし。でも befounddead【2005/10/01 04:17】
「勝手にしやがれ」 ~映画界に大きな影響を与えた作品~
勝手にしやがれジャン・ポール・ベルモンド ジーン・セバーグ ダニエル・ブーランジェ アミューズソフトエンタテインメント 1999-05-27by G-Toolsジャン・リュック・ゴダール監督の作品実は私は今、大学でゴダールの映画についての講義を受けています。この映画に... Cinephile【2005/10/13 00:02】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。