スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「フリーダ」 プロポーズ
奔放な少女時代を送っていたフリーダは、18歳のとき、乗っていたバスが路面電車と衝突し、大怪我を負う。何ヶ月もギブスやコルセットや牽引で固定され、手術が繰り返された。フリーダは、孤独と寂しさを絵にぶつける。歩けるようになると、フリーダは、有名な壁画家ディエゴ・リベラに、絵を見せにいく。フリーダの才能を確信したディエゴは、彼女に魅せられていく。やがて、2人は結婚。ディエゴの浮気癖はなおらず、フリーダの妹クリスティナに手を出し、フリーダを苦しめる。一方、フリーダもまた、ロシア革命家トロッキーと不倫。ついに、フリーダとディエゴは離婚。トロッキーが暗殺され、フリーダは警察から尋問を受ける。ディエゴは行方をくらました。フリーダの容態は悪化する。彼女の足指は壊疽になり、切断。背中の手術も繰り返され、腎臓の感染症や他の合併症にかかる。フリーダは仰向けに吊るされ、コルセットを着せられた。そんな折、ディエゴがフリーダのもとに訪れ、再婚の申し入れをする。

男:ディエゴ
女:フリーダ

フリーダ 「元気?」
ディエゴ 「結婚の申し込みに来た」
フリーダ 「救済は結構よ」
ディエゴ 「頼む」
フリーダ 「片足の指はない
       背中は役立たず
       腎臓は病気
       タバコは吸う
       酒は飲む 罵る
       子供は産めずー
       おまけに無一文よ
       まだ聞きたい?」
ディエゴ 「それは 推薦状だね
       フリーダ
       昔の2人に戻ろう」

(フリーダは涙を流す) 

フリーダ 「昔から言うわ
       女の涙は信じるなと」
ディエゴ 「間違いさ」



惨めなときに、かつて愛した人とは会いたくないもの。
同情なんてもってのほか。
自分の不利なところを、次から次へと挙げ、自分がどれだけ、
好きな男性にふさわしくないか、卑下してしまう。

それを、包み込むように、
「それは 推薦状だね」
なんて言われると、鎧が溶けていきます。
すべてを受け入れてくれる彼に、
涙が溢れてきますよ。


フリーダ DTS特別版

フリーダ
出演: サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, その他
監督: ジュリー・テイモア


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/09/08 22:28】 | プロポーズ | トラックバック(9) | コメント(14) | page top↑
<<「ラスト・プレゼント」 プロポーズ | ホーム | 「フリーダ」 プロポーズ>>
コメント
フリーダの
激しさと寂しさが好きです。
ディエゴに恋したのが彼女の「事故」のひとつだったとしても。

り~ずさんが記事にしている台詞について、またこうしてあらためて読んで、こんなふうに愛されたい、と思っちゃったりしました。

TBありがとうございます。
【2005/09/20 17:02】 URL | YUKI69 #bR6mlHTY[ 編集] | page top↑
トラックバックありがとうございます。
映画は見たいと思いつつ、まだ、見ていません。

フリーダ・カーロの人生、すごいですよね。
このくどき文句も素敵です。
【2005/09/20 18:22】 URL | shoko #-[ 編集] | page top↑
トラバありがとうございました。
フリーダは壮絶な人生でしたが、再びより一層愛する人といれることは、何よりの幸せだったに違いないと思いますね。
【2005/09/20 18:49】 URL | cocoa #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございます。このブログの主旨、面白いですね。僕も今度映画のセリフで口説いてみようかな。フリーダとディエゴの関係ってすごく危ういけど結局は戻ってきちゃうあたりに絆の強さを感じます。
【2005/09/20 19:18】 URL | 秋山亜軌 #SecOoZh.[ 編集] | page top↑
はじめまして
TBどうもありがとうございます。フリーダがイライラしてデイエゴに物を投げつけて、「こんなことをあなたにするために生まれてきたんじゃないのに・・・」と泣くシーンが印象的です。映画だったか本だったか忘れてしまいましたが・・・。
【2005/09/20 22:37】 URL | DJナオミ #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました
はじめまして。TBありがとうございました!

とても面白いテーマのブログですね。
映画をこんな視点から見ても楽しいんだ、と改めて思いました。

フリーダ、とてもよい映画でしたね。
私はあの力強さがとても好きでした。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
【2005/09/20 23:34】 URL | yuu #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。
フリーダ、本当に強い・・・と言うより激しい人ですよね。。笑
いつもこんなだと疲れちゃいそうだけど、、たまにはこんな強さが持てたらイイなって思います。
私、この映画の中でチラット出ていたアシュレイ・ジャドがとても好きです。
【2005/09/21 00:07】 URL | yuki #-[ 編集] | page top↑
「フリーダ」プロポーズ
TBありがとうございます。
ブログ観てて引き込まれちゃいました。楽しいブログですね♪

私も映画観ました。フリーダにはかなり感化されました。ディエゴの様な浮気性な男性はちょっと受け止め難いですが、これだけ愛してくれる男性に出会ってみたいものです。。。
【2005/09/21 10:24】 URL | nopy-13 #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。
あのプロポーズのシーンは「壮絶」だと思いました。
ディエゴはフリーダのほぼすべてを知っていて、完全な理解と覚悟を持ってプロポーズをしているから、まったく揺るがずにあの返事を返したんでしょうね。
僕も好きなシーンです。
【2005/09/22 02:10】 URL | すっしー #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございます。『フリーダ』,いろいろな意味で印象的な映画でしたね。監督のジュリー・テイモアは,個人的にとても注目している人で,次回作が待たれます。
【2005/09/24 00:07】 URL | Jean #dzRrST5s[ 編集] | page top↑
今日はじめて、こちらのブログを訪れました。
ワタシも「フリーダ」が大好きで、拝読しながらシーンを思い出して、なんともいえないよい気分に浸れました。
ありがとうございます。

【2005/09/25 18:27】 URL | 濱 登良子 #-[ 編集] | page top↑
TBありがとうございます。本当は苦痛も情熱も映画以上だったのだろうなと思いますが、観てよかったと思う映画。実際に本人が言った(書いた?)言葉が多く使われている映画でしたが「これは推薦状だね」この台詞も実際の言葉だったのでしょうかね?
【2005/09/26 22:50】 URL | nao #JkPZIk6.[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。
(お礼が遅くなりましてスミマセン!)

映画の口説き文句を集めてらっしゃるとは、とても凝ったページですね!

「フリーダ」の求婚シーンについてはもうすっかり忘れてしまっていましたが、また機会があったら見返してみようかな。
【2005/10/21 10:01】 URL | kera #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
株価指数オプションで30代,40代女性の転職
株価指数オプションとは、TOPIXや日経225などの株価指数(インデックス)を原資産とするオプションのこと http://veto.catvtestchips.com/
【2008/12/01 19:29】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/47-e7daf044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フリーダ
フリーダ・カーロ、たぶん女性の画家で、彼女の次に尊敬してる人です。メキシコのシュールレアリスムの画家で、僕と一緒でカモメ型の眉をしてる女性なんですが、ご存知でしょうか。 sur shelter【2005/09/20 19:08】
「フリーダ」感想と、フリーダ・カーロ他
先日、2002年映画「フリーダ」を見ました。フリーダ・カーロを知ったのは、多分1980年頃、資生堂の「花椿」という本で、毎回世界の著名女性を連載で取り上げていた時だったと ポコアポコヤ 映画倉庫【2005/09/20 20:30】
「フリーダ」
インド人みたいな顔してるサルマ・ハエック主演の作品。今日は「お蔵入りしそうな作品リスト」の中から選んでみました。2002年製作の伝記もの、123分。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)舞台はインドじゃなくて、メキシコでした。主人公はメキシコ人女流画家 ひらりん的映画ブログ【2005/09/20 21:19】
フリーダ
画家 フリーダカーロの生涯を描いた作品。フリーダカーロはメキシコの画家で、インパクトのある作品が多いです。とはいえ、私はまだ彼女の作品をちゃんと見たことがないんです。去年、大阪でも展覧会がありましたが、見損なってしまいました{/namida/}メキシコに生まれ、高 bellflower diary【2005/09/20 23:30】
フリーダ
 映画「フリーダ」 監督:ジュリー・テイモア。サルマ・ハエック。 メキシコの女流画家フリーダ・カーロの人生を描いた実話。まだ10代の頃に交通事故に遭い腰に鉄棒が刺さってしまい、生涯にわたって彼女を傷つける。そうした絵を描くという行為で苦痛をぶつけていく。夫 without a trace【2005/09/21 03:22】
『フリーダ』、観ました。
「美術館」さえ行ったことないボクだから…、女流画家“フリーダ”の名前なんぞ知るよしもない。だけど、観る前はヘンテコに思えた彼女の顔が、観終わった時には、何と愛しく、何と哀しく、何と美しく、思えてしまう。闘病、裏切り、挫折を体験し、その人生のほとんどで苦杯 肯定的映画評論室Blog支店【2005/09/21 15:23】
フリーダ
mixiレビュー記載日2005年07月18日 14:58 8.5点 注意・軽めのネタバレ含みます。 PARADISE EXPRESS【2005/09/22 02:11】
フリーダ
フリーダ  Frida2002年/アメリカ監督:ジュリー・テイモア出演:サルマ・ハエック(フリーダ・カーロ)   アルフレッド・モリーナ(ディエゴ・リベラ)   ジェフリー・ラッシュ(レオン・トロツキー)   エドワード・ノートン(ネルスン・ロックフェラー) 4ALLMOVIEBUFFS【2005/09/25 11:17】
▼「フリーダ」を観た。
「フリーダ」を観た。何の知識もなく観たので驚きの連続でした。いきなり大事故で瀕死の重傷を負ってしまったり、20ほど歳の離れた男と結婚したり、メキシコに亡命してきたロシアの思想家トロツキーと関係を持ったり。劇的な人生は2時間では語り尽くせなかった事だろう。... 30年後に も一度読みたい【2005/10/25 00:56】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。