スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「女優マルキーズ」 妻の浮気を知って
17世紀フランス。踊り子マルキーズは、貧しさゆえに、父親によって売春をさせられる生活。ある日、マルキーズの踊りをみていたモリエールの人気喜劇一座の俳優グロ・ルネと結婚し、一座に転がり込む。マルキーズが女優として役をつかむために、演出家たちと寝るが、夫のグロ・ルネは、マルキーズの成功のために、黙認する。

男:グロ・ルネ
女:マルキーズ

マルキーズ 「どうしたの?」
グロ・ルネ 「心が痛い」
マルキーズ 「私のせい?」
グロ・ルネ 「いや お前が誰と何をしようと
        構わない 俺を愛する限り

マルキーズ 「離れないわ」

(抱き合う)

グロ・ルネ 「ラシーヌは? 返事は?」
マルキーズ 「怖いの」
グロ・ルネ 「彼が?」
マルキーズ 「自分が怖いの」
グロ・ルネ 「彼に恋を?
        俺はグチを並べる
        “うるさ型”とは違うぞ
        女房の素行をとやかく言う
        亭主じゃない」
マルキーズ 「愛してる
        誰もあなたの足元には
        及ばないわ」
グロ・ルネ 「こいつめ」

(マルキーズをベッドの上に押し倒す)



女優としてのマルキーズの魅力を
知っているからこそ、
彼女の不貞をも受け入れる。
マルキーズとかかわる男たちに、
「彼女を傷つけることは許さない」
と彼女を必死になって、守ろうとする。
愛があればこその・・・だけど、
奔放な、才能ある女性と付き合うためには、
かな~り器の大きい男でないとね。


女優マルキーズ

女優マルキーズ
出演: ソフィー・マルソー, ベルナール・ジロドー, その他
監督: ヴェラ・ベルモン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/09/08 22:27】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「女優マルキーズ」 告白する | ホーム | 「女優マルキーズ」 プロポーズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/44-01c1799c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。