スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「男と女(1966)」 ベッドに誘う
伴侶に先立たれた男女が、
寄宿学校にいる互いの子供を通じて、知り合う。
二人は、惹かれ合い、恋に落ちていく。

ホテルのレストランにて・・・・。

男:ジャン・ルイ
女:アンヌ

アンヌ   「何がいい?」
ジャン   「さあ ステーキは?」
アンヌ   「そうね」
ジャン   「一番柔らかい肉はシャトウ? 2人前」
ウェイター 「焼き具合は?」
アンヌ   「レアー」
ジャン   「僕もだ 焼き立てを」
アンヌ   「モンテカルロを何時に出たの?」
ジャン   「確か・・・・」
ウェイター 「他に注文は?」
アンヌ   「何か注文しないと悪いみたい」
ジャン   「喜ばせよう ああ 部屋を注文する



ウェイターに、「他に注文は?」と聞かれ、
「部屋を注文するよ」という切り返し。
カッコイイイ~。大人の男って、感じ。。
こういうお洒落なことを、サラッと言えてしまう男性って、素敵ぃ~!
私もアンヌと同じく、なんの違和感も感じず、
ホテルの部屋に直行しちゃうな!
さらっとクールに、服を脱いじゃいます。


男と女 特別版

男と女
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン



映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

スポンサーサイト
【2005/08/11 23:36】 | 誘う | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<「男と女(1966)」女を虜にする恋愛テクニック | ホーム | 「道(1954)」 人生に役立つ名セリフ・名文句>>
コメント
TBありがとうございます。
素敵ですよね、この映画。大人の恋って感じで。
すごく憧れの恋愛です。
【2005/08/15 06:57】 URL | cocoa #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/19-4b2b114f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『男と女』
UN HOMME ET UNE FEMME(1966/仏)【監督】クロード・ルルーシュ【出演】アヌーク・エーメ/ジャン=ルイ・トランティニャン/ピエール・バルー「素敵な恋をしよう!」を募集中ということで、自分でも久しぶりにこのカテゴリーからお勧めの1本を。この映画、ken様にも投稿 愛すべき映画たち【2005/08/14 11:43】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。