スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ポンヌフの恋人」 愛を伝える
ポンヌフ橋に住む浮浪者アレックスはある日、自分の寝床を占領している女を発見する。
彼女の名は、ミシェル、画学生。
失恋の痛手と眼の奇病から絶望にかられ、放浪生活を送っていた。
互いの孤独から、二人は惹かれ合う。

ある日、地下道にミシェルの父が出した尋ね人ポスターが。
「彼女の眼の奇病の治療法が見つかった」と記されてあった。
ミシェルが自分のもとから去ってしまうと考えたアレックスは、ポスターにかたっぱしから火をつけた。
ポスター貼りの男の車を爆破炎上させ、逮捕される。

視力を回復させたミシェルは、数ヵ月後、服役中のアレックスを訪ねる。

男:アレックス
女:ミシェル

ミシェル  「2年ぶりね 私だと思った?
        追い返す? 会いたかった
        私を見て欲しかった 私の目 
        黙ってるの? すてきよ 妙な感じ
        ここにあなたが 忘れたつもりだったの
        だけど 毎晩あなたのー 夢を見るの
        だから来たのよ 夢に引かれて
        夢に現れた人に 翌朝必ず電話をするとしたら
        人生は単純になるわ
        “あなたの夢をみたわ”“愛で目覚めたの”
        見つめてる 私を思い出そうと 見覚えがない 
        だけど私は 髪の先まで 今も夢の中でも
        あなたの瞳は輝いている 
二人で走り抜けたわ 
        街を 谷や草原を 駆け回った
        足も治って」
アレックス 「治った」
ミシェル  「ほらね 治らないものなどないのよ
        橋へ行ったわ 工事は完成 
        頑丈になったわ」
アレックス 「なぜ忘れようとした?」
ミシェル  「私のこと 話してないわ
        妙な生活をしてて・・・・
アレックス 「会いに来なかった 待ってた
ミシェル  「私たちのことが怖かったの 何度も・・・」
アレックス 「臆病者」
ミシェル  「愛せる?」
アレックス 「ああ 昔のように だが前とは違う」
ミシェル  「毎週来るわ」
アレックス 「もう来るな」
ミシェル  「会いたい」
アレックス 「だめだ まだ治っていない
        ここが (頭をさわる)
        待ってくれ
        お前にみせたい 別人を」
ミシェル  「あそこで」
アレックス 「半年後 あそこで
        真夜中に橋の上で」
ミシェル  「あなたを描くわ」
アレックス 「ワインを 上等の 薬抜きの」
ミシェル  「お金はあるわ ホテルに泊まりましょう
        ベッドで朝食をとるの 
        ジャムやバターでベトベトね」



好きな人と別れたあと、後悔することがしばしばある。
ただ、「ごめんね、もう一度やり直したいの」
と言っても、相手の心に抵抗が残るだけ・・。

「忘れたはずだったけど、あなたを夢に見るの。
 夢に引かれて、会いにきたの」
な~んて言ったら、どうよ。
相手にすんなり受け入れてもらえない?


ポンヌフの恋人〈無修正版〉

ポンヌフの恋人
監督: レオス・カラックス
出演: ドニ・ラヴァン, ジュリエット・ビノシュ
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2009/04/26 05:47】 | 愛を伝える | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。