スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「いつか晴れた日に」 プロポーズ
 19世紀のイングランド。ダッシュウッド家の主人が亡くなった。残された妻と娘3人は、先妻ファニーの画策で遺言を反故(ほご)にされ、貧しい生活を余儀なくされる。そんなときファニーの弟エドワードが現れる。長女エレノアとエドワードはひかれ、次女マリアンヌも従兄弟の友人と恋に落ちる。

 二人の結婚を夢見るダッシュウッド夫人だったが、ファニーは「貧乏娘が金持ちにたかろうとしている」と彼女を侮辱。怒った夫人は従兄のジョン・ミドルトン卿の申し出を受け、彼の小さな別荘バートン・コテージに引っ越すことを決め、そこで、つましい生活をはじめる。

 エリノアはエドワードがコテージを訪れるのを待ったが、音沙汰はない。ある日、国会議員のパーマー氏と結婚したジェニングス夫人の娘シャーロットとその姪ルーシーが現れる。エリノアは、ルーシーに自分は5年前からエドワードの婚約者だと打ち明けられる。

 ジェニングス夫人の招待により、訪れたロンドンで、エドワードと再会する。しかし再会を喜び合う間もなく、エドワードはルーシーと去り、エリノアは黙ってそれを見送る。
 
 コテージに戻ったエリノアは、エドワードの結婚の噂を聞き、失意の生活を送っていた。ある日、エドワードがコテージを訪れる。エドワードは、まだ結婚していなかったのだ。

男:エドワード
女:エリノア

エドワード 「エノリア、ルーシーに会ったときは まだ 若く
        何か仕事についていれば あんないい加減で 
        馬鹿げたことはしなかったんですが
        ノーランドで打ち明けるべきでした
        しかも、あなたの気持ちは ただの友情で
        私の片想いだと思っていました
        今日も 期待はしていませんでした
        ただ 今は自由な身なので 伝えたかったんです
        私の心は 今も これからも あなたのもの



うぁ~、キザァアア・・・でも、いい~~!


いつか晴れた日に

いつか晴れた日に

出演: エマ・トンプソン, ヒュー・グラント, その他
監督: アン・リー

映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2006/03/15 16:56】 | プロポーズ | トラックバック(4) | コメント(3) | page top↑
<<「グリーンカード」 プロポーズ | ホーム | 「世界でいちばん不運で幸せな私」愛を伝える>>
コメント
好きなら好きと言えない女
こんばんは。TBありがとうございました。
エリノア・・・実は見ていて結構イライラしちゃいました(^o^;
どちらかというとマリアンヌのような性格なので待ってるだけじゃ手に入らないぞ!と鼻息荒くなってました(笑)
エドワードもエドワードでなんじゃこの男・・なんて思ったのでプロポーズした時には、まずグーパンチさせてくれないかしら・・・なんて過激なことを(^o^;
もう少しロマンティックにならないと駄目なようです私。(もうちょっと女らしく?(笑))
【2006/03/15 19:52】 URL | chibisaru #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
TBありがとうございました。
これはもう、すごく好きな作品です!

確かに、ハッキリしなさいよ!!と言いたくなる二人でしたが、ここは時代背景もあるのでしょう
キザな台詞が妙に似合うヒュー・グランドでした♪
【2006/03/19 01:39】 URL | D #k0GcsowQ[ 編集] | page top↑
遅くなりました。TBありがとうございました。
面白い切り口の映画紹介ですね♪
『いつか~』は、上記Dさんと同じく、私も大好きな作品です。
ジェーン・オースティンのむずむずシリーズ、
『プライドと偏見』もいいですよ。
『エマ』はいまいちでした。
『待ち焦がれて』を探しているところです。
【2006/03/29 00:55】 URL | J #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/113-2cfb5d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
#189 いつか晴れた日に
製作総指揮:シドニー・ポラック 監督:アン・リー 原作者:ジェーン・オースティン 脚本:エマ・トンプソン 出演者:エマ・トンプソン 、アラン・リックマン 、ケイト・ウィンスレット 、ヒュー・グラント 1995年 アメリカ 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-【2006/03/15 19:47】
いつか晴れた日に
1995年イギリス、アメリカ映画監  督アン・リー出  演エマ・トンプソン、アラン・リックマン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラントあらすじ分別ある長女エリノア(エマ・トンプソン)と、多感な次女マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)。感  想ラブストーリーを見 お気に入りの映画【2006/03/15 20:39】
いつか晴れた日に(Sense and Sensibility)
いつか晴れた日に 近代英国を舞台に、対照的な性格の良家の姉妹が、結婚をめぐる愛とお金の問題を越えて幸福をつかむまでをコミカルに描いた一編次女マリアンヌ役にタイタニックのケイト・ウィンスレット出演 エマ・トンプソン、ヒュー・グラントいつもはしっかり者で上品 for pleasure シネマ Blog【2006/03/16 23:07】
いつか晴れた日に
タイトル: いつか晴れた日に SENSE AND SENSIBILITY女性向けの映画ですよねぇ~ 好きな作品です。【ストーリー】19世紀のイングランド。ダッシュウッド家の主人が亡くなった。残された妻と娘3人は、先妻ファニーの画策で遺言を反故(ほご)にされ、貧 映画を観よう【2006/03/19 01:42】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。