スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「プリティー・ウーマン」 愛を伝える
ウォール街で、企業買収を繰り返す実業家のエドワードは、ビバリーヒルズで偶然に、ヴィヴィアンという娼婦と出会う。気まぐれ半分で、滞在する高級ホテルの自分の部屋に呼ぶ。無邪気なヴィヴィアンとの出会いは新鮮で、彼女にとっても彼の住む世界は見たことのない眩しいものだった。二人は一週間だけのパートナーとしての契約を結び、一緒に暮らし始める。やがて、お互いに惹かれあうようになっていく。

一週間が終わり、エドワードがニューヨークに帰る日がやってくる。彼はビビアンにまた会いたいと、生活できるだけの金を渡そうとするが、プライドの高い彼女はそれを断り、部屋を去る。自分に目覚めたビビアンは新しい生活を始めようと旅立つことを決意するが、そんな彼女を迎えに来るエドワードの姿が・・・。

エドワード 「ビビアン」


エドワード:リンカーンのサンルーフから上半身をだし、
       両手で、バラの花束を掲げる。

ビビアン :窓から両手を振る。


エドワード 「プリンセス ビビアン 最上階?」
ビビアン  「最高の部屋よ」
エドワード 「迎えに行く」


エドワード:高所恐怖症なのに、口に花束を加えながら、
       恐る恐る、アパートの非常階段を上っていく。
      

       左手に花束を持ち、手を広げて、
        ビビアンが降りてくるのを待っている。

ビビアン :ビビアンは、急いで、階段を降りていく。


エドワード 「騎士が塔をよじ登って
        助けた後はどうなる?

ビビアン  「もう離れない」


2人はキスをする。



あまりにも有名なラストシーン。
言葉では、表現しきれないので、映画を観てくださいね。
住宅事情(アパートの構造)の違いから、
日本では、こういうシチュエーションは、
なかなか難しいかもしれないけど、
花束は、必須アイテム!

晴れているのに、なぜ、傘を持っているの?
みたいな疑問は、多少残りますが・・・。


プリティ・ウーマン 15周年記念特別版

プリティ・ウーマン

監督: ゲーリー・マーシャル
出演: リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2006/03/11 14:20】 | 愛を伝える | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<恋に効く映画のセリフ一覧(男性版) | ホーム | 「プリティー・ウーマン」 女性をくすぐる言葉>>
コメント
こんばんわ
TB有難うございます。
沢山の恋愛映画紹介してください。
【2006/03/11 18:54】 URL | kju96 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/105-d83bec41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【映画】 プリティウーマン
 何度も見たことがあったので、なかなか見ていなかったのだけど、久々に。  いいよねぇ、ああいう男は…そして あぁいう女は。小生もあれだけ余裕をもって紳士的に女性と向かい合ってみたいと思うし、そういう人がいればなぁと思う。  このたびは、前より注意してみてい 袖ふれあうも【2006/03/12 20:12】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。