スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「プリティー・ウーマン」 女性をくすぐる言葉
ウォール街で、企業買収を繰り返す実業家のエドワードは、ビバリーヒルズで偶然に、ビビアンという娼婦と出会う。気まぐれ半分で、滞在する高級ホテルの自分の部屋に呼ぶ。無邪気なヴィヴィアンとの出会いは新鮮で、彼女にとっても彼の住む世界は見たことのない眩しいものだった。二人は一週間だけのパートナーとしての契約を結び、一緒に暮らし始める。やがて、お互いに惹かれあうようになっていく。

ベッドの上で・・・。


ビビアン 「屈辱に耐える人生よ」
エドワード「君はとても頭のいい
       特別な女性だ

エドワード「甘い言葉は信じてないわ
       分かる?」



誰からも大切にされたことがない、愛されたこともない。
軽蔑の視線を向けられながら、理不尽さのなかで、
生きてきた女性・・・自分に自信の持てない女性は、
自分を認めてくれる言葉が嬉しい。

「特別な女性だ」

自分を特別だ、と言ってくれる男性の言葉は、
何よりも嬉しいものです。


プリティ・ウーマン 15周年記念特別版

プリティ・ウーマン

監督: ゲーリー・マーシャル
出演: リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2006/03/11 13:57】 | その他のセリフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「プリティー・ウーマン」 愛を伝える | ホーム | 「プリティー・ウーマン」 ケンカのあと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/104-c4a8c124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。