スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「アンナ・カレーニナ」 不倫の情事のあと
1980年、ロシア。将校ブロンスキーは、高官の妻であり、8歳の男の子の母親であるアンナに一目惚れをする。一度はブロンスキーの愛を拒否したアンナだったが、しだいに恋におちていく。

情事のあと


アンナ    「私はすべてを捨てたわ
ブロンスキー 「どうなってもいい
         命も要らない
         この一瞬のしあわせを



人妻と結ばれるわけですから、
ここまでの覚悟は欲しいですよね。
というか、女性のほうは、彼の本気度を試してるいるので、
女性の期待に応えましょうね。

女性の期待を瞬時に察知して、
その期待を埋めてあげることが
女性のハートをつかむことにつながりますから・・・。


アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ

監督: バーナード・ローズ
出演: ソフィー・マルソー ショーン・ビーン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2006/03/10 16:04】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「プリティー・ウーマン」 ケンカのあと | ホーム | 「アンナ・カレーニナ」 想いを伝える>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://deppa.blog12.fc2.com/tb.php/102-66a0fb46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。