スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ラブ・アクチュアリー」 プロポーズ
ミステリー作家のジェイミーは、弟に恋人を奪われしてしまい、傷心のまま南フランスの湖畔コテージで創作活動を行う。そこで、ポルトガルから出稼ぎにきていたメイドのオーレリアと出会う。言葉が全く通じない。ある日、ジェイミーの原稿が風で、吹き飛ばされてしまう。オーレリアは、冷たい湖の中に飛び込んで、その原稿を拾い集める。それ以来、2人は心を通わせていく。やがて、原稿を書き上げたジェイミーはイギリスへ帰国。オーレリアのことが忘れられないジェイミーは、語学学校に通い、ポルトガル語を習い始める。クリスマスの日、ポルトガルへ飛ぶ。そして、オーレリアの働くレストランへと向かう。

男:ジェイミー
女:オーレリア

ジェイミー 「今晩は オーレリア」
オーレリア 「今晩は ジェイミー」
ジェイミー 「美しい オーレリアー
        僕が 今晩ー・・・
        ここに来た・・・目的は・・・
        結婚を申し込むため
        君を知りもせず
        狂気の沙汰だと思うだろう
        でも 事があまりにも
        明日すぎる場合にはー
        それを裏付ける証拠なんか要らない
        僕がここに住むかー
        でなきゃ 君が
        英国に 来ればいい
         :
         :
        君が僕のように
        バカでないことは分ってる
        だから 君が“ノー”と
        言っても 驚かない
        でも クリスマスだしー
        言うだけ 言ってみようと

オーレリア 「ありがとう
        とてもうれしいわ
        “イエス” それが答えよ
        やさしい質問だわ」



国際恋愛!

「僕がここに住むか、君が英国にくればいい」
「クリスマスだしー 言うだけ 言ってみようと」

こういう相手を尊重したプロポーズは良いな!
それにしても、クリスマスは、プロポーズや告白の
良いきっかけになりますね!


ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント/リーアム・ニーソン/エマ・トンプソン/アラン・リックマン/コリン・ファース/キーラ・ナイトレイ/ローラ・リニー/ローワン・アトキンソン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/09/30 02:28】 | プロポーズ | トラックバック(38) | コメント(19) | page top↑
「ラブ・アクチュアリー」 クリスマスに誘う
映画の撮影現場で、スターの代役としてカメラの前に立つジョンとジュディは、世間話をしながら、裸で濃厚なラブシーンを演じている。会話がはずむうちに、お互いに恋心をもつようになっていく。

男:ジョン
女:ジュディ

ジョン  「あつかましい男と 思うだろうけどー
       クリスマスだし この後
       どこかで1杯 飲まない?
       別に深い意味はない
       軽いクリスマス気分で・・・
       ムリ強いはしない
       もし 君さえよければ・・・

ジュディ 「うれしいわ 喜んで」
ジョン  「よかった やった
       誘えてよかった
       僕はシャイな人間で
       なかなか誘う勇気がでない



かわいい。
こういう謙虚に喜ぶ姿は、女心をくすぐります。


ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント/リーアム・ニーソン/エマ・トンプソン/アラン・リックマン/コリン・ファース/キーラ・ナイトレイ/ローラ・リニー/ローワン・アトキンソン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/30 01:14】 | 誘う | トラックバック(4) | コメント(1) | page top↑
「ラブ・アクチュアリー」 告白する
ジュリエットは、結婚式を挙げたが、夫の親友マークは、彼女に冷たい態度をとる。彼女は、マークに嫌われていると思い、なんとか友だちになろうと、結婚式のビデオを見せてもらう口実のもと、マークのアパートを訪ねる。ジュリエットは、そこで真実を知る。テープに映っていたのは、彼女の姿ばかり。

男:マーク
女:ジュリエット

ジュリエット 「私ばかり」
マーク    「そう・・そうなんだ
         :
         :
         自分の気持ちを抑えるために
         撮ったんだ



自分の気持ちがバレてしまい、なんとなくきまずい。
クリスマスの日、マークは聖歌隊を装って、
ジュリエットの家を訪ねる。
彼女の夫ピーターに気づかれないように、
ラジカセで、クリスマスソングを流しながら、
フリップに自分の思いを書いて、ジュリエットに告白する。

ラブ・アクチュアリー


「来年はきっと
  こういう恋人ができる
  (セクシーな女性たちの写真の切り抜きを
   たくさん貼り付けている)
  でも 今年は こう言わせて
  重荷に思わずー
  クリスマスだから 聞き流してほしい
  本心をうちあけるのがー
  クリスマスだから
  君は最高
  僕の心は 君のもの
  君がこういう姿になり果てる日まで

  (ミイラの切り抜きを貼り付けている)
  メリークリスマス」



このシーン最高!
言葉で言いあらわせないので、ぜひ映画をみて!
こんなことされたら、大好きになります。
笑いあり、感動あり。
泣いちゃいます。


ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント/リーアム・ニーソン/エマ・トンプソン/アラン・リックマン/コリン・ファース/キーラ・ナイトレイ/ローラ・リニー/ローワン・アトキンソン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/30 00:40】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
「勝手にしやがれ」 愛を伝える
ミシェルは 、自動車泥棒の常習犯。追ってきた警官を殺してパリに逃げる。南仏で知り合った、アメリカ人留学生のパトリシアに会いにくる。パトリシアは、ミシェルの誘いを断って、街にデートに出かける。ふてくされたミシェルは、パトリシアのアパートに泊り込む。翌朝、パトリシアはミシェルと部屋でしばしの時を過ごす。パトリシアは飛行場へインタビューに、彼は街で盗んだ車をポンコツ屋に持っていく。車屋に素性がばれて、そこのオーナーを殴り逃げ出す。一方、新聞社に戻ったパトリシアのところには、刑事がきて、ミシェルの居場所を尋ねる。刑事からの尾行をまいたパトリシアは、ミシェルと二人で、モンマルトルへ。途中、二人はミシェルの友人のところに泊る。

男:ミシェル
女:パトリシア

ミシェル  「君の笑顔のー
        横顔が最高だ
        すごく 君らしい

パトリシア 「私よ」
 :
 :
ミシェル  「一緒にいてくれ



「笑顔が君らしい」かあ。
言われてみた~~い。


勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/26 02:30】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「勝手にしやがれ」 愛を伝える
ミシェルは 、自動車泥棒の常習犯。追ってきた警官を殺してパリに逃げる。南仏で知り合った、アメリカ人留学生のパトリシアに会いにくる。パトリシアは、ミシェルの誘いを断って、街にデートに出かける。ふてくされたミシェルは、パトリシアのアパートに泊り込む。翌朝、パトリシアはミシェルと部屋でしばしの時を過ごす。パトリシアは飛行場へインタビューに、彼は街で盗んだ車をポンコツ屋に持っていく。途中の車の中で・・・・。

男:ミシェル
女:パトリシア

ミシェル  「街でみる娘がそろって美しいのはー
        満天ではなくても
        君みたいに個性的でー
        20点満点で15点という風な感じのー
               個性的美人が多い街はー
        ローマ、パリ、リオではなく
        ローザンヌがジュネーブだ
        君も優しい言葉を言ってくれ」
パトリシア 「言いたいけど 分らない」
        :
        :
        私が何かを恐れてると言ったわね
        本当は怖いの
        あなたに愛されたい
        なのに同時に・・・
        もう愛してほしくない
        私って きままなの」
ミシェル  「俺は君を愛してる
        君の考え違いさ

パトリシア 「違う?」
ミシェル  「違うさ
パトリシア 「分るわけないわ
        私の思いも 考えも」
ミシェル  「分るとも
パトリシア 「分るわけがないのは
        私も あなたの考えてる事が
        知りたくてー
        10分見つめても 何も
        分らない 何も
        悲しくはないけれど
        怖いの」
ミシェル  「やさしいパトリシア



「満天ではなくても 君みたいに個性的でー
 20点満点で15点という風な感じのー」

キレイだと言われるより、
こういう言い方のほうが、なんか嬉しいかも。

愛に迷っている彼女に対して、
それをさらっと制するところがいい。
理屈っぽく説得されるよりは、全然好感もてるな!


勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/26 02:06】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「勝手にしやがれ」 誘う
ミシェルは 、自動車泥棒の常習犯。追ってきた警官を殺してパリに逃げる。南仏で知り合った、アメリカ人留学生のパトリシアに会いにくる。パトリシアは、ミシェルの誘いを断って、街にデートに出かける。ふてくされたミシェルは、パトリシアのアパートに泊り込む。翌朝、パトリシアはミシェルと部屋でしばしの時を過ごす。

男:ミシェル
女:パトリシア

パトリシア 「なぜ ここへ来たの?」
ミシェル  「君とまた寝たいからさ
パトリシア 「理由にならないわ」
ミシェル  「なるとも 愛してるって事だ
パトリシア 「でも 私が愛してるかどうか」
ミシェル  「いつ分る?
パトリシア 「もうすぐ」
ミシェル  「もうすぐとは?
        ひと月後か 1年後か

パトリシア 「もうすぐよ もうすぐよ」
 :
 :
ミシェル  「女は結局はっきりしない
        精神に悪い
        なぜ俺と寝ない?

パトリシア 「まだ 分らないからよ
        あなたの 何に魅かれてるのか
        私はー ロミオとジュリエットが好き」
ミシェル  「女学生のいう事だ」
パトリシア 「あんたは昨日 わたしなしではいられないとー
        口では言ったけどー
        ロミオとジュリエットは
        口だけじゃなかった」
ミシェル  「いや 本当に君なしではいられない
パトリシア 「子供っぽいことを言うのね」
ミシェル  「笑ってくれ
        8まで数える
        8まで笑わないとしめ殺す
        2・・3・・4567・・71/2・・73/4
        臆病だから 今に絶対に笑う」
パトリシア 「(笑う)今日は ふざけたくないの」
ミシェル  「君は臆病だ 残念だ
パトリシア 「私がなぜ臆病?」
ミシェル  「臆病だ」
パトリシア 「あんたもよ」
ミシェル  「俺は臆病じゃない」
パトリシア 「怖がっていると思う?」
 :
 :
ミシェル  「優しい言葉がみつかった
パトリシア 「なに?」
ミシェル  「君と寝たい 君は美しい
パトリシア 「美しくないわ」
ミシェル  「では 醜いから」
パトリシア 「それも同じ」
ミシェル  「そうさ同じことさ」
パトリシア 「ウソつきね」
ミシェル  「ウソはバカがつくものだ
        ポーカーと同じだ
        本当のことを言えば言うほど
        他の奴はウソだと思う
        当然こちらが且つ
        どうした?」
パトリシア 「あなたが見つめなくなる迄見つめるの」
ミシェル  「俺もだ」
 :
 :
パトリシア 「この絵好き?」
ミシェル  「悪くない」
パトリシア 「これルノワールよ」
ミシェル  「悪くないと言っただろ」
パトリシア 「私よりきれいかしら?」
ミシェル  「恐れと驚きが同時に宿ってる
        奇妙な目の光

パトリシア 「だから?」
ミシェル  「寝たい 君の光と


 
一貫して、“寝たい”といい続けているんだけど、
彼女に対しての切り返しが上手い。
この映画は、口説き文句の宝庫です。


勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/26 01:43】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「勝手にしやがれ」 かけひき
ミシェルは、自動車泥棒の常習犯。パリに向かう途中、追ってきた警官を殺してしまう。パリに逃げてきたミシェルは、南仏で知り合ったパトリシアに会いにいく。が、パトリシアは、ミシェルの誘いを断り、街へデートに出掛ける。

出版社の男 「いつか一緒に寝るだろうが
        今夜じゃない」



う~ん、大人のかけひきです。
うっとりしてしまいます。

勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/25 21:05】 | かけひき | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
「勝手にしやがれ」 誘う
ミシェルは自動車泥棒の常習犯。追ってきた警官を殺してパリに逃げてきた。南仏の海岸で知り合い、親しくなったアメリカ娘の留学生パトリシアに会いにいく。

男:ミシェル
女:パトリシア

ミシェル  「ふたりで ローマへ行こう
        やっぱり君を愛してる
        確かめるために来たが 愛してる

 :
 :
パトリシア 「どうしたの?」
ミシェル  「見つめてるだけだ
パトリシア 「黙って帰って 怒ってる?」
ミシェル  「悲しいのがシャクだった
        目ざめて 女が横で眠っているのがいい

パトリシア 「当分パリにいるの?」
ミシェル  「金をとりに来たのとー
        君に会いに来た」
パトリシア 「私はダメよ」
ミシェル  「なぜ?」
パトリシア 「パリに美人は多いわ」
ミシェル  「それが変なんだ
        あれから2人寝たがしっくりこない

パトリシア 「しっくり?」
ミシェル  「いい女なのに 調子悪くて みじめなものさ 
        ローマへ行こう フランスはうんざりだ

パトリシア 「私はムリよ
        大学に行かないと 両親が送金をとめるわ」
ミシェル  「俺がいる」
パトリシア 「たった3日の仲なのに」
ミシェル  「いや5日だ
        また ノーブラだ」
パトリシア 「やめて 失礼よ」
ミシェル  「謝るよ
        何時だ
        あとで 会おう

パトリシア 「あとじゃなくて 今夜
        ここで」
 :
 :
ミシェル  「今夜 一緒に寝るか?
パトリシア 「分からない」
ミシェル  「俺とではよくないか?」
パトリシア 「いいわよ」
 :
 :
ミシェル  「俺を放ってくんだな
パトリシア 「明日会うわ ほんとよ」
ミシェル  「明日じゃない 今夜だ
パトリシア 「今夜はダメなのよ」
ミシェル  「残酷な女だ」
 :
 :
ミシェル  「君と一緒にいたい
パトリシア 「今日は頭痛がするの」
ミシェル  「寝なくていい 一緒にいたい
パトリシア 「それとちがうわよ なぜ悲しいの?」
ミシェル  「悲しいからさ
パトリシア 「バカな答え なぜ悲しいの?   
        私の話し方が丁寧すぎる?」
ミシェル  「違う 君なしではいられない
パトリシア 「いられるわ」
ミシェル  「だが いたくない
 :
 :
ミシェル  「俺の目をみろ その男に会うな
        残念なるかな 無念かな
        我が愛する女は 首すじが美しい
        胸が美しい 額が美しい
        膝も美しい なのに度胸がない



ここには、口説き文句が凝縮されていいます。
これだけ粘れば、女性は落ちるでしょう。
ぜひ、参考にいてね。


勝手にしやがれ

勝手にしやがれ
出演: ジャン・ポール・ベルモンド, ジーン・セバーグ, その他
監督: ジャン・リュック・ゴダール


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/25 19:50】 | 誘う | トラックバック(6) | コメント(3) | page top↑
「恋人たちの予感」 告白する
ハリーは大学卒業後、恋人の親友サリーの車に同乗し、N.Y.に向かったが、車中口論が絶えず、互いの連絡先も交わさずに分かれる。5年後、空港で偶然再会するが、互いのことは覚えていたものの、何事もなく分かれる。さらに5年後再会したとき、サリーは恋人と別れた直後、ハリーは離婚直前の状態だった。これを機会に2人は友達同士になり、互いに恋の相談をするなど、なくてはならない存在になっていく。ある夜、サリーの泣きじゃくる電話を受けたハリーは、彼女のアパートに駆けつける。かつての恋人の結婚にショックを受けているハリーを慰めるうちに、一夜を共にしてしまう。以来、2人の関係はぎくしゃくしてしまい、ハリーの言い訳が逆に亀裂を招いてしまう。大晦日の夜、サリーへの愛を確信したハリーは、サリーのもとに向かう。

男:ハリー
女:サリー

ハリー 「やっと分かった 君を愛してる」
サリー 「何?」
ハリー 「愛してる」
サリー 「どう答えろと言うの?」
ハリー 「私も愛してる”と」
サリー 「失礼するわ」
ハリー 「何も感じないのか?」
サリー 「大晦日で寂しいって事は分かるわ
      でも 突然現れて 愛してると言っても
      それで解決にならないわ」
ハリー 「じゃ どうする」
サリー 「そんな事 分からないわ」
ハリー 「じゃ これは?
      サンドウィッチの注文に 1時間半
      でも 君が好きだ
      僕を見る時の ここのしわ
      僕の服にしみつく 君の香り
      1日の最後に 
      おしゃべりをしたいのは 君だ
      寂しいとか 大晦日は関係ない
      残る一生を誰かと過ごしたいと思ったら
      早く始めるほうがいいだろう?

サリー 「ほらね あなたって人は
      いつも憎めなくなる事を言うんだから!
      あなたなんか大嫌い!
      死ぬほど嫌いよ」
(二人は抱き合い、キスをする)



君の欠点を含めて好きだ、な~んて言われると嬉しいな、やっぱり。

「1日の最後に 
 おしゃべりをしたいのは 君だ・・・
 残る一生を誰かと過ごしたいと思ったら
 早く始めるほうがいいだろう?」

この文句は、オススメ!
もう、グッとくる。

恋人たちの予感〈特別編〉

恋人たちの予感〈特別編〉
出演: メグ・ライアン, ビリー・クリスタル, その他
監督: ロブ・ライナー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 17:27】 | 告白する | トラックバック(3) | コメント(7) | page top↑
「ウェディング・プランナー」 愛を伝える
メアリーはサンフランシスコのウェディングプランナー。ある日、大手食品会社の社長令嬢フランの結婚式のコーディネートを依頼される。大きな仕事に張り切るメアリー。そんな時、メアリーは、道路で事故に遭いかけたところを、医師のスティーブに助けられる。メアリーは、スティーブに一目ぼれし、2人はデートへ。ようやくめぐってきた恋の予感。ところが、スティーブは、フランの結婚相手だった。メアリーは、複雑な心境のなか、式の準備を始めるが、身を引き、幼馴染のマッシモと結婚する決意をする。そんな中、スティーブの結婚式はキャンセルされる。

男:スティーブ
女:メアリー

スティーブ 「僕は君を忘れられない
メアリー  「フランは?」
スティーブ 「タヒチへ
        独りのハネムーン
        僕とは結婚せずに」
メアリー  「なぜ?」
スティーブ 「“本当の人生を見つける”と
         そして僕は・・・・・」
メアリー  「あなたは?
        スティーブの望みは?」
スティーブ 「ダンスを踊りたい
        君と・・・・」

(ダンスをしながら、キスをする。)



結婚式をキャンセルしてまで、
「君を忘れられない」
なんて、女冥利につきますわ!


ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー
出演: ジェニファー・ロペス, マシュー・マコノヒー, その他
監督: アダム・シャンクマン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 16:35】 | 愛を伝える | トラックバック(4) | コメント(1) | page top↑
「ウェディング・プランナー」 プロポーズ
メアリーは、サンフランシスコでもトップのウェディング・プランナー。幼いころから花嫁にあこがれながらも、仕事に打ち込むあまり、恋とは程遠い生活を送っている。そんなある日、メアリーは事故に遭い、偶然居合わせた医師スティーブに助けられた。メアリーは、シティーブに一目ぼれし、二人は初のデートへ。しかし、、メアリーは、スティーブが自分が請け負ったフランの花婿だとわかり、動揺する。複雑な気持ちが交錯するなかで、身を引く決心をする。メアリーは、父親に勧められたマッシモのプロポーズを受ける。

男:マッシモ
女:メアリー

模型の家を目の前に出しながら・・・・

マッシモ 「メアリー
       僕は やることなすこと
       オッチョコチョイな人間だ
       “いい友達だ”と言ったけど
       あれは僕の本心じゃない
       だから もう一度聞く
       君の答えがノーならー
       もう二度と言わない
       僕の妻になってくれ
       約束する
       君を裏切ることなくー
       この家のようにー
       丈夫な屋根で君を守る
       もし イエスならー
       誰よりも 大きな愛を
       君に捧げる
       もし イエスならー
       僕は世界一の幸せ者だ

メアリー 「OK」



理想とする家を模型で出してくるなんて、粋だな。


ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー
出演: ジェニファー・ロペス, マシュー・マコノヒー, その他
監督: アダム・シャンクマン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 16:10】 | プロポーズ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「ウェディング・プランナー」 告白する
メアリーは、サンフランシスコでもトップのウェディング・プランナー。仕事に打ち込むあまり、恋とは程遠い生活をしている。ある日、メアリーは道路で事故に遭いかけたところを、医師のスティーブ・エディソンに助けられる。友人の計らいでデートに出かけたメアリーは、たちまち、スティーブに恋に落ちてしまう。

男:スティーブ
女:メアリー

スティーブ 「公園の あの夜を?
        僕は君を知らない
        君のお父さんの名前
        君がコンタクトを
        してるか どうか
        なぜ 今の職業を選んだのか
        でも 君の顔の形とー
        目の輝きは 知っている
        そして 公園のあの夜・・・
        最高に楽しかった

        何か言って」



ロマンティックというか、キザというか、

「君の過去は知らないが、
 目の前にいる君のことは知っている。
 最高に楽しかった」
 ってことでしょ。

イベントなんかで、すご~く気持ちが高揚しているときには効果あり!


ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー
出演: ジェニファー・ロペス, マシュー・マコノヒー, その他
監督: アダム・シャンクマン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 15:49】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「GO! GO! L.A.」 仲直りする
イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャードはロサンゼルスから旅行に来ていた女優の卵バーバラに一目ぼれ。リチャードは、仕事も婚約者も捨て、ロサンゼルスまで、彼女を追いかける。慣れない土地で、踏んだり蹴ったりのリチャード。なんとかバーバラと再会し、結婚することができた。が、結婚前から、バーバラには、パターソンという男の影が・・・。嫉妬すればするほど、バーバラの気持ちは離れていく。ある日、嫉妬が頂点に。パーティで悪酔いし、会場を丸焼けにしてしまう。バーバラは、リチャードに嫌気がさし、パターソンのところに行ってしまう。失意のなか、リチャードは、イギリスに戻る。葬儀屋としての日々を淡々と送っていた。そこに、バーバラがやってくる。

男:リチャード
女:バーバラ

リチャード 「君は?」
バーバラ  「あなたが正しかった」
リチャード 「それで?」
バーバラ  「私は大事なことを
        見落としていたの
        自分のことしか考えなくて」
リチャード 「パパに諭されたの?」
バーバラ  「自分で気づいたわ」
リチャード 「僕もまちがっていた
        君を理想化しすぎてたしー
        人生も映画みたいに思ってた
        失敗作の映画さ
        でも・・・・
        この先は?

バーバラ  「英国でも映画を
        作ってるでしょ?」
リチャード 「もちろんさ」
(キス)



お互いに、素直になることが一番ですね!


GO! GO! L.A. デラックス版

GO! GO! L.A.
出演: ヴィンセント・ギャロ, デビッド・テナント, その他
監督: ミカ・カウリスマキ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2005/09/23 14:22】 | 仲直りする | トラックバック(2) | コメント(3) | page top↑
「GO! GO! L.A.」 告白する
イギリスの片田舎の葬儀屋を営むリチャードは、ロサンゼルスから旅行に来ていた女優の卵バーバラに一目ぼれ。全てを捨てて、彼女を追いかけ、アメリカに渡る。バーバラがアルバイトをするレストランで再会。慣れない土地で踏んだり蹴ったりのリチャード。それでも、彼女が好きでたまらない。

男:リチャード
女:バーバラ

リチャード 「話が早いね」
バーバラ  「あなたも 早かったわ」
リチャード 「君なしではいられなくて
        夜も眠れなかったんだよ
        本気で君に恋したから
        君を失うことが恐ろしくて
        今は平気だ
        キスしたい



ここまで言われちゃうと、ドキドキしちゃうよ~~!


GO! GO! L.A. デラックス版

GO! GO! L.A.
出演: ヴィンセント・ギャロ, デビッド・テナント, その他
監督: ミカ・カウリスマキ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 13:08】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「GO! GO! L.A.」 ナンパ
イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャードはロサンゼルスから旅行に来ていた女優の卵バーバラに一目ぼれ。全てを捨てて、彼女を追いかけ、ロサンゼルスにやってくる。慣れぬ土地で、踏んだりけったりのリチャード。呆然としているリチャードに、モスという男が声をかけてきた。モスは、住む家とプール掃除の仕事の世話をした。ある日、モスが出演するライブに、リチャードは、バーバラとジュリーを連れていく。モスは、ジュリーに声をかける。

男:モス
女:ジュリー

モス   「君のドレス 最高だよ」
ジュリー 「ありがと お手製よ」
モス   「俺の人生をささげるから
       歯で脱がしたい」
ジュリー 「バナナ大好き その髪形」
モス   「バンドのスタイルに合わせたんだ
       君 イカすよ
       よく笑う女はステキだ
       楽屋に来る?
       来な 楽しいから

       こっちだ」



ロッカーなナンパだけど、
「○○に来る?来な 楽しいから こっちだ」
っていうのは、いいかも。
「楽しいから、おいでよ」みたく言われると、
危険が薄れるし、乗りで軽くついて行っちゃいそう。


GO! GO! L.A. デラックス版

GO! GO! L.A.
出演: ヴィンセント・ギャロ, デビッド・テナント, その他
監督: ミカ・カウリスマキ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 12:48】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「GO! GO! L.A.」 告白する
イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャードは、ロサンゼルスから旅行に来ていた女優の卵バーバラに一目ぼれ。すべてを捨て、彼女を追いかけ、アメリカ・ロサンゼルスに渡る。

男:リチャード
女;バーバラ

バーバラ  「なぜ この街に来たの?
        本当のことを言って」
リチャード 「君のためさ」



バーバラ  「抱きしめて
        本当に私のために
        LAに来たの?」
リチャード 「北極でも行くよ
        LAのほうが暖かい」



全てを捨てて、追いかけてくる、
っていうのは、ちと怖い気もするけど、
好意を持っている男性だったら、嬉しいかも。


GO! GO! L.A. デラックス版

GO! GO! L.A.
出演: ヴィンセント・ギャロ, デビッド・テナント, その他
監督: ミカ・カウリスマキ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/23 12:09】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「ラスト・プレゼント」 プロポーズ
売れないお笑い芸人と彼を支える妻との、
出会いからプロポーズをするまでの回想シーン。

男:ヨンギ
女:ジョンヨン

ヨンギは、ジョンヨンのバイト先に、通い詰める。
ある冬、大勢の男たちが、レジカウンターの上に、次々に花束を置いていく。
最後に、ヨンギが現れ、ジョンヨンに花束を渡す。
皆で、拍手喝さい。
 :
 :
ほどなく2人は付き合いはじめる。
季節は夏。
ジョンアンは、ヨンギに、手編みのセーターをプレゼントする。
ヨンギは、セーターを箱から取り出しながら・・・・。

ジョンヨン 「ヘタだから 時間がかかちゃって
        秋になったら着て」
ヨンギ   「今すぐ着る」
ジョンヨン 「暑いわ」
ヨンギ   「いい色だ どうだい?」
ジョンヨン 「似合うわ」

ヨンギは、セーターに腕を通しながら・・・

ヨンギ   「何だろう? 何かある これは?」
ジョンヨン 「何かしら?」

ヨンギは、セーターのしたから、指輪の入った箱をとりだす。

ヨンギ 「これ 買ってあったんだ 手を」

ヨンギは、ジョンヨンに、指輪をはめる。

ヨンギ  「どう? ぴったりだろ」

ジョンヨンの首にキスをする。

ヨンギ  「ありがとう」



セーターの下から、何だろう?何だろう?と指輪をとりだすなんて、
とってもくさいアプローチだけど、その素朴さが嬉しいかな。


ラスト・プレゼント

ラスト・プレゼント
出演: イ・ヨンエ, イ・ジョンジェ, その他
監督: オ・ギファン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:29】 | プロポーズ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「フリーダ」 プロポーズ
奔放な少女時代を送っていたフリーダは、18歳のとき、乗っていたバスが路面電車と衝突し、大怪我を負う。何ヶ月もギブスやコルセットや牽引で固定され、手術が繰り返された。フリーダは、孤独と寂しさを絵にぶつける。歩けるようになると、フリーダは、有名な壁画家ディエゴ・リベラに、絵を見せにいく。フリーダの才能を確信したディエゴは、彼女に魅せられていく。やがて、2人は結婚。ディエゴの浮気癖はなおらず、フリーダの妹クリスティナに手を出し、フリーダを苦しめる。一方、フリーダもまた、ロシア革命家トロッキーと不倫。ついに、フリーダとディエゴは離婚。トロッキーが暗殺され、フリーダは警察から尋問を受ける。ディエゴは行方をくらました。フリーダの容態は悪化する。彼女の足指は壊疽になり、切断。背中の手術も繰り返され、腎臓の感染症や他の合併症にかかる。フリーダは仰向けに吊るされ、コルセットを着せられた。そんな折、ディエゴがフリーダのもとに訪れ、再婚の申し入れをする。

男:ディエゴ
女:フリーダ

フリーダ 「元気?」
ディエゴ 「結婚の申し込みに来た」
フリーダ 「救済は結構よ」
ディエゴ 「頼む」
フリーダ 「片足の指はない
       背中は役立たず
       腎臓は病気
       タバコは吸う
       酒は飲む 罵る
       子供は産めずー
       おまけに無一文よ
       まだ聞きたい?」
ディエゴ 「それは 推薦状だね
       フリーダ
       昔の2人に戻ろう」

(フリーダは涙を流す) 

フリーダ 「昔から言うわ
       女の涙は信じるなと」
ディエゴ 「間違いさ」



惨めなときに、かつて愛した人とは会いたくないもの。
同情なんてもってのほか。
自分の不利なところを、次から次へと挙げ、自分がどれだけ、
好きな男性にふさわしくないか、卑下してしまう。

それを、包み込むように、
「それは 推薦状だね」
なんて言われると、鎧が溶けていきます。
すべてを受け入れてくれる彼に、
涙が溢れてきますよ。


フリーダ DTS特別版

フリーダ
出演: サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, その他
監督: ジュリー・テイモア


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:28】 | プロポーズ | トラックバック(9) | コメント(14) | page top↑
「フリーダ」 プロポーズ
フリーダは、奔放な少女時代を送っていたが、18歳のときに、彼女の乗っていたバスが路面電車と衝突し、大怪我を負う。何ヶ月もギブスやコルセットや牽引で固定され、手術が繰り返された。孤独と寂しさを絵にぶつけるようになっていく。歩けるようになると、フリーダーは有名なディエゴ・リベラに絵をみせに行った。ディエゴは、フリーダの才能を確信し、彼女を弟子にする。いつしか、2人は付き合うようになる。

べッドの上で・・・

ディエゴ 「深い絵だ」
フリーダ 「あなたが12歳のときよりも?」
ディエゴ 「当たり前さ おれにはムリだ 本心だよ
       おれが描いたのはー 外の世界だ
       だが君のはー 心の世界だ 
       すばらしい」
フリーダ 「あなたが女にモテるわけね」
ディエゴ 「結婚しよう おれたちはー 
       互いのために生まれてきた
       結婚すべきだ

フリーダ 「結婚に価値が?」
ディエゴ 「だから 2度も結婚した
フリーダ 「そうよ 女に対して 誠実でないの」
ディエゴ 「誠実さ 貞節かというと 違うが・・・
       生理的に受け付けない」
フリーダ 「そう?」
ディエゴ 「知人の医者がそういった」
フリーダ 「便利な診断ね」
ディエゴ 「貞節は大事か」
フリーダ 「忠実さが大事よ 忠実?」
ディエゴ 「君にか? 永遠にね
フリーダ 「愛してるわ 太鼓腹さん」
ディエゴ 「フリーダ」
フリーダ 「結婚しましょ」

(キスをする)


「おれたちはー  互いのために生まれてきた 結婚すべきだ」
ここまで確信をもって言われると、運命の人かも?
って錯覚に落ちてしまいます。

ディエゴは、無類の女好きなわけだけど、
貞節ではないが、忠実を誓う、しかも永遠に!
というのは、浮気性の男性のテクニックですね!
あとあと、浮気しても、
嘘をついたことにはならないもの。


フリーダ DTS特別版

フリーダ
出演: サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, その他
監督: ジュリー・テイモア


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:28】 | プロポーズ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「女優マルキーズ」 告白する
17世紀フランス。踊り子マルキーズは、貧しさゆえに、父親によって売春をさせられる生活。ある日、マルキーズの踊りをみていたモリエールの人気喜劇一座の俳優グロ・ルネと結婚し、一座に転がり込み、パリに向かう。グロ・ルネの協力のもと、大女優として開花し、ルイ14世をも魅了していく。宮廷に使える新進作家ラシーヌと出会い、密かな恋に身を焦がす。ラシーヌは、マルキーズのために、「アンドロマック」を書き上げる。そのお礼に、マルキーズは、ラシーヌに、自分の体を与えようとする。

男:ラシーヌ
女:マルキーズ

マルキーズ 「アンドロマッグのお礼に
        私をアゲるわ」
ラシーヌ  「服を着ろ」
マルキーズ 「理性に目覚めた?」
ラシーヌ  「妄想に目がくらんだ
        本当の女優になった時
        君は僕のものだ
        愛してる 待ってるよ



娼婦あがりのマルキーズは、お礼の方法を知らない。
役を得るために、演出家と寝てきた。
そんな彼女に対して、
“成功するまで、待っているよ”でしょ。
彼女を評価し、すごく尊重しています。
軽く扱われてきた女性に対して、
彼女に肉体以外の評価をしたとき、
彼女は、あなたを大好きになりますよ。


女優マルキーズ

女優マルキーズ
出演: ソフィー・マルソー, ベルナール・ジロドー, その他
監督: ヴェラ・ベルモン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:28】 | 告白する | トラックバック(2) | コメント(1) | page top↑
「女優マルキーズ」 妻の浮気を知って
17世紀フランス。踊り子マルキーズは、貧しさゆえに、父親によって売春をさせられる生活。ある日、マルキーズの踊りをみていたモリエールの人気喜劇一座の俳優グロ・ルネと結婚し、一座に転がり込む。マルキーズが女優として役をつかむために、演出家たちと寝るが、夫のグロ・ルネは、マルキーズの成功のために、黙認する。

男:グロ・ルネ
女:マルキーズ

マルキーズ 「どうしたの?」
グロ・ルネ 「心が痛い」
マルキーズ 「私のせい?」
グロ・ルネ 「いや お前が誰と何をしようと
        構わない 俺を愛する限り

マルキーズ 「離れないわ」

(抱き合う)

グロ・ルネ 「ラシーヌは? 返事は?」
マルキーズ 「怖いの」
グロ・ルネ 「彼が?」
マルキーズ 「自分が怖いの」
グロ・ルネ 「彼に恋を?
        俺はグチを並べる
        “うるさ型”とは違うぞ
        女房の素行をとやかく言う
        亭主じゃない」
マルキーズ 「愛してる
        誰もあなたの足元には
        及ばないわ」
グロ・ルネ 「こいつめ」

(マルキーズをベッドの上に押し倒す)



女優としてのマルキーズの魅力を
知っているからこそ、
彼女の不貞をも受け入れる。
マルキーズとかかわる男たちに、
「彼女を傷つけることは許さない」
と彼女を必死になって、守ろうとする。
愛があればこその・・・だけど、
奔放な、才能ある女性と付き合うためには、
かな~り器の大きい男でないとね。


女優マルキーズ

女優マルキーズ
出演: ソフィー・マルソー, ベルナール・ジロドー, その他
監督: ヴェラ・ベルモン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:27】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「女優マルキーズ」 プロポーズ
17世紀フランス。踊り子マルキーズは、貧しさゆえに、父親によって売春をさせられる生活。ある日、マルキーズの踊りをみていたモリエールの人気喜劇一座の俳優グロ・ルネに一目ぼれされ、結婚を申し込まれる。

男:グロ・ルネ
女:マルキーズ

グロ・ルネ 「結婚したい
マルキーズ 「率直な人ね」
グロ・ルネ 「私の心は まっすぐだ
マルキーズ 「返事はひとつよ」
グロ・ルネ 「“ウィ”と
        “盛名劇団”は君を迎え
         パリ中がひざまづく
         モリエールも待っている」
マルキーズ 「あなたの会いは真実なの?」
グロ・ルネ 「偽りだと?」
(微笑み合う)



プロポーズは、ストレートのほうが、伝わるのかも。


女優マルキーズ

女優マルキーズ
出演: ソフィー・マルソー, ベルナール・ジロドー, その他
監督: ヴェラ・ベルモン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/08 22:27】 | プロポーズ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「トゥー・ウィークス・ノーベンバー」 告白する
正義感が強く、社会奉仕に熱心な女性弁護士ルーシーは、ニューヨークの由緒ある公民館の取り壊しを阻止するために、最王手の不動産会社の御曹司ジョージを訪ねる。ハンサムでモテモテだが、軽薄な性格が災いし、経営困難となっていた会社を救うため優秀な弁護士を捜していたジョージは、ルーシーに公民館を保存するという条件を提示して、彼女を顧問弁護士として雇うことに成功。ネクタイ選びから離婚訴訟調停まで面倒をみさせられ、始終ベッタリなジョージに堪忍袋の緒が切れたルーシーは、2週間後に辞めると宣言。あの手この手で引き留め作戦に出たジョージを、「最高に優秀な後任をみつける」と言って説得し、ようやく辞職を承諾させる。公民館の取り壊しの決行を知ったルーシーは激怒し、ジョージのもとから去ってしまう。ジョージの会社を退職し、法律扶助所で働くルーシーのところに、ジョージがぶらっとやって来る。スピーチ原稿をチェックしてくれ言う。

男:ジョージ
女:ルーシー

<スピーチ原稿の一部>

ジョージ 「~でも、最大の理由は
       超頑固者の その女性です
       妥協もよしとせず オシャレもしない しかしー
       彼女は・・・彼女の愛する公民館そのもの
       外壁はデコボコでも よく見るとー 
       実に美しい 何物にも代え難い
       
       ひどい言葉で 追いやったのにー
       彼女の声が消えない 無視できないのです 
       無視したくない 
公民館は保存します 
       彼女との約束です 地域との約束でもある
       ジューンとは寝ていないよ
       原稿にはないが 
       加えたい重要な点だ
       どうかな?」



スピーチ原稿を通じて、自分の気持ちを伝える。
これは、「あなたにも書ける恋愛小説」にも見られたアプローチ。

女性は、外見を褒められるよりも、
内容を褒められたほうが、グッとくる。
告る女性の容姿を問わず。
内側から溢れる美しさがある、なんて言われると、
この人は、自分のことをわかってくれている、と錯覚に陥る。
瞬時に、特別な男性になってしまう。


トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版

トゥー・ウィークス・ノーティス
出演: ヒュー・グラント, サンドラ・ブロック, その他
監督: マーク・ローレンス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/05 14:43】 | お洒落なアプローチ方法 | トラックバック(9) | コメント(9) | page top↑
「エッチなだけじゃダメかしら?」 告白する
大富豪の老婦人キャロライナの悩みの種は出来の悪い3人の子供。
ある日、キャロライナは、マルチェロ、ルクレチア、チェザーレの3人に「1年半以内に結婚して子供を作った者だけに遺産を与える」と宣言。
これを聞いた怠け者で女好きのマルチェロは、マリナという名の殺し屋と結婚し子供を授かるが、不幸なことに流産に終わってしまう。
遺産が欲しいマリナは、子供を産めるように
ドイツの専門家のところに訪れる。
留守中の自分の身代わりを双子の妹アンジェラに託す。
だが、マリナの乗った飛行機が事故に遭う。
アンジェラは、試験管の中にいる子供を、自分の胎内に戻し、
アンジェラの代わりに計画を実行することに。
不妊治療をして、子供を生めないルクレチアとホモのチェザーレは、アンジェラの殺害を試み、彼女を塔の上から突き落とそうとする。
そこに、アンジェラを愛していると気づいたマルチェロが助けにくる。

男:マルチェロ
女:アンジェラ

アンジェラ 「マルチェロ 来てくれたのね
        助けて 怖いわ」
マルチェロ 「心配ない 僕がついている
        つかまって
        遺産なんか どうでもいい
        君がすべてだ 君を愛してる 
        がんばれ もう少しだ ほら がんばれ」
アンジェラ 「助かった」
マルチェロ 「よかった」
アンジェラ 「私の王子様」
マルチェロ 「愛してる」
アンジェラ 「私もよ」



「君がすべてだ」
この言葉は、口説き文句の王道ですね。


モニカ・ベルッチの「エッチなだけじゃダメかしら?」

モニカ・ベルッチの「エッチなだけじゃダメかしら?」
出演: モニカ・ベルッチ, アレッサンドロ・ガスマン, その他
監督: グスターヴォ・フリジェーリオ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/05 14:42】 | 告白する | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
「星願~あなたにもういちど」 愛を伝える
病院に住み込みで働く天涯孤独の青年オニオンは、
子供の頃の事故が原因で目が見えず、言葉も話せない。
オニオンは、明るいキャラクターで誰かも愛されていた。
だが、突然、不慮の事故でこの世を去ってしまう。
心残りは、一番仲の良かった看護婦のオータムに
愛の告白ができなかったこと。
天国の計らいで5日間だけ現世に戻る事を許される。
目も見え、話すこともできるが、顔形は別人。
自分がオニオンだと言えないという制限が課せられる。
下界にやってきたオニオンは、自分の墓の前で
涙を流すオータムを見つける。
オータムもまた、オニオンを愛していたのだ。
オニオンは、保険会社の社員、卓智文に扮し、
オータムに近づくが、彼がオニオンだとは
気づかないオータムからかえって嫌われてしまう。
最後の夜、オータムは、卓智文がオニオンだと知り、
別れたくないと訴える。
オニオンは、ラジオ局に電話をかけ、ラジオを通じて、
隣りに座っているオータムに向けて、自分の想いを伝える。

男:オニオン
女:DJ

オニオン 「卓です 気にかけてくれて ありがとう
      この場を借りて 横にいる彼女に話をしたい
DJ   「直接しないの?」
オニオン 「それは・・・ なぜかな
       何の欲もなかった時
       僕は彼女の愛を得ていた
       彼女を見て 手に入れたくなり
       逆に嫌われた
       人は望むから失望もする
       僕は行く 忘れがたい時を
       ここに残して
       幸せも涙もあるけれど
       その記憶の1つ1つが
       僕の愛する人にー 生きていく勇気を
       与えてくれますように
       短い5日間だったけど
       これだけは 皆さんに言いたい
       あなたが持てるすべてを
       大切にしてください 今も未来も
       短かったけどー 思い残す事はない

DJ   「卓さん 感動したわ
       私の彼だといいのに ほかに何かある?」
オニオン 「彼女のために1曲 リクエストしたい
      もう流星群の時間だ 電話を切るよ
      その前に どうかみんな目を閉じて
      そばにいる人を心で感じて
      とてもいい感じがするから



PCや携帯ではなく、
ラジオを通じて、気持ちを伝えるのって、
逆に新鮮で、相手に伝わるかも。
声のみなので、逆に想像が膨らんで、気持ちが盛り上がるでしょ。
思いやりと愛を感じてしまいます。


星願~あなたにもういちど~

星願~あなたにもういちど~
出演: リッチー・レン, セシリア・チャン, その他
監督: ジングル・マ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/05 14:41】 | お洒落なアプローチ方法 | トラックバック(11) | コメント(5) | page top↑
「永遠の片想い」 告白する
カフェでアルバイトをしていたジファンは、
そこに友だちと訪れたスインに一目ぼれをしてしまう。
2人が店をでた後、店番を先輩にまかし、自転車で追いかける。
2人は、とある喫茶店にいた。

男:ジファン
女:スイン(一目ぼれの子)
女:ギョンヒ(友だち)

ジファンは、喫茶店に入る・・・。

ジファン 「あの すみません
       ここに座ってもいいでしょうか」
ギョンヒ 「どうぞ」
ジファン 「さっき 君たちが話していること
       聞こえちゃったんだけど
       髪の長い あなた 
       確か スインさんですよね」
スイン  「はい」
ジファン 「俺は・・・いや僕は口ベタで
       単刀直入に言います。
       実は スインさん 
       僕は あなたに 一目ぼれしました
       ああ ありがとう 笑われるかと思った

ギョンヒ 「ふん ばっかみたい
       ださいセリフ 言っちゃって
       トイレ 行ってくる」
スイン  「ギョンヒ」
ギョンヒ 「ほんとに行きたいの」
     (男の肩をたたく)
       がんばんな」
スイン  「正直に言わせてください
       あなたには ほんとに悪いんだけど」
ジファン 「前は ジファン イ・ジファン」
スイン  「そう あなたが私に言ったこと 迷惑なんです」
  :
  :
  :
ジファンは、うつむいて、ぶつぶつ独り言をつぶやきながら、
自転車を押して帰る。
その途中、ジファンは、時計屋の前でとまる。
ジファンは、喫茶店に舞い戻り、
壁時計で顔を隠しながら、ウィンドウの外に立っている。

ウェイター「これ、あちらのお友だちが伝えてくれって言うんですが・・」
ギョンヒ 「え? なに?」

【メモをを読み始める】
時計を1時間前に戻しました
 さっき言ったことは 全部忘れてください
 でも いつか またどこかで 偶然会えたなら
 そのときは 友だちとして会いましょう


(ジファンはウィンドウの外から)

ジファン 「今日のところは このまま帰るけど
       また 3人で会おう
       俺 絶対に会いた~い
       な 俺の名前はイ・ジファン
       絶対に忘れないでくれ


(ジファンは指で差しながら)

ジファン 「君は スイン 
       そっちの君は 名前なんて言うんだ」
ギョンヒ 「ギョンヒ キム・ギョンヒ」
ジファン 「ギョンヒだね
       じゃ スインとギョンヒだ
       もう一度 会えたら 友達になってくれるな~
       絶対に 以上 では帰ります



一目ぼれをして、すぐに行動を起こすのはよしとしても、
自転車で追いかけて、いきなり告白しても、
まず女性は引きますよね。
気まずい雰囲気が漂うというか、「イタイ」男として、
終わっちゃいます。
ジファンの機転は、友だちとしてだけど、
とりあえずは、つながっていられます。
お互いを知れば、恋愛に発展する可能性もあるかな。


永遠の片想い

永遠の片想い
出演: チャ・テヒョン, ソン・イェジン, その他
監督: イ・ハン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/04 15:12】 | お洒落なアプローチ方法 | トラックバック(33) | コメント(8) | page top↑
「リービング・ラスベガス」 愛を伝える
ハリウッドの脚本家ベンは、酒びたりの生活で映画会社をクビになり、妻子も彼のもとを離れてしまう。
絶望したベンは、死ぬまで酒を飲むことを決めラスベガスに向かう。
ベンは街で出会ったサラを拾いモーテルに連れ込む。
孤独なサラは、ベンの優しさに惹かれ、安らぎを感じる。
やがて二人は互いの行動に干渉しないことを前提として同居を始めるが・・。

男:ベン
女:サラ

ベン 「今 ここでー 言っておく
     君が好きだ
     だが好きだからといって
     決してー 僕のねじれた心を 押しつけたりはしない

サラ 「分かってるわ」



なんだか、寂しい感じもするけど、
無条件で受け入れることを相手に望む人が多い中で、
この言葉は響くな。


リービング・ラスベガス

リービング・ラスベガス
出演: ニコラス・ケイジ, エリザベス・シュー, その他
監督: マイク・フィッギス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/03 23:50】 | 愛を伝える | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
「リービング・ラスベガス」 はじめてのデートで
ハリウッドの脚本家として活躍していたベンは
重度のアルコール依存症のために、映画会社をクビになる。
妻も子も彼のもとを離れてしまう。
絶望したベンは死ぬまで酒を飲むことを決め、
全財産を持ってラスベガスにやってくる。
ベンは街で出会った娼婦サラに惹かれ、一夜を共にする。
ネオン街で再会したベンは、サラを食事に誘う。
レストランにて・・・。

男:ベン
女:サラ

ベン 「これは最初のデート?
     それとも これで最後?
     どっちなのか 知りたい

サラ 「最初のデートよ」



初めてデートをしたときに、
2人の関係は継続するのか、終わってしまうのか、
不安になることって、男女ともにあると思う。
かしこまって、「つきあって欲しい」
と言うのは、最初のデートだし、まだ早すぎる。

そんなときに、
「これは最初のデート? 最後のデート?」
は使えるかな。
答えるほうも、気楽。
デートぐらいだったら、って気分になるしね。


リービング・ラスベガス

リービング・ラスベガス
出演: ニコラス・ケイジ, エリザベス・シュー, その他
監督: マイク・フィッギス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/03 23:50】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「リービング・ラスベガス」 食事に誘う
ハリウッドの脚本家として活躍していたベンは重度のアルコール依存症のために、映画会社をクビになる。
妻も子も彼のもとを離れてしまう。
絶望したベンは死ぬまで酒を飲むことを決め、
全財産を持ってラスベガスにやってくる。
ベンは街で出会った娼婦サラに惹かれ、一夜を共にする。
ネオン街で再会したベンは、サラを食事に誘う。

男:ベン
女:サラ

ベン 「ずっと君を捜してた
     恋人がいるのか
     ガールフレンドがいるのか
     でも時間があるならー
     僕と一緒にー
     食事でも

サラ 「本気なの?」
ベン 「分かっているだろ?本気さ
     料金を払ってもいい
     君と話したい



「飲みにいかない?」
「ちょっとでいいから、つきあってよ」
よくあるナンパの言葉。

私でなくても、誰でもいいんでしょ、
という気分になる。もちろん、即お断り!

でも、「君と話たい」と言われたら、どう?
「君だから、声をかけたんだよ」
って聞こえてくる。
少し心が揺らぐかな!


リービング・ラスベガス

リービング・ラスベガス
出演: ニコラス・ケイジ, エリザベス・シュー, その他
監督: マイク・フィッギス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/03 23:49】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「マディソン郡の橋」 愛を伝える
アイオワ州マディソン郡。
農業主の妻フランチェスカは、平凡な主婦として
穏やかな毎日を送っていた。
夫のリチャードと2人の子供がイリノイ州の農産物品評会に出かけ、
彼女は4日間、一人で家にいることになった。
そんなある日、彼女のところへ、
プロカメラマンのロバート・キンケイドが道を尋ねてくる。
彼は、屋根付きのローズマン橋の写真を撮りにきていた。
フランチェスカは、彼の車に同乗して、道案内をする。
ふたりは毎日会い、おしゃべりをし、一緒に家庭料理を食べて・・・
互いに惹かれあうようになる。
そして、3日目、自然な成り行きでひと晩をともにする。
翌朝、ぎこちなさと不安の中で、 フランチェスカは
「これはお遊びなの?」となじるが、彼は「一緒に来てくれ」と言う。

男:ロバート
女:フランチェスカ

ロバート    「僕らが感じている この気持ちをー 
          経験する人間は少ない 
          僕らはー もう一心同体だ
          多くの人は経験どころか 
          その存在も知らない関係だ 
                      
          それをあきらめることがー 正しいことだと
          君は本気で言うのかい?」
フランチェスカ 「どういう選択をするかが人生よ
          分らない? そうでしょ?」
  :
  :
  :
ロバート    「一度だけ言う
          初めて言う言葉だ
          これは生涯に一度の
          確かな愛だ


これだけ確信をもって、誠実に、
「生涯に一度の確かな愛だ」
「僕たち関係は、他のひとが経験できない特別なもの」
と言われると、彼女のように、忘れられない恋になると思う。
私なら、すべてを捨てて、彼の懐に飛び込んじゃうな。
こんなことを言ってくれる男性、なかなかいないもの。


マディソン郡の橋

マディソン郡の橋
出演: クリント・イーストウッド, メリル・ストリープ, その他
監督: クリント・イーストウッド


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/09/02 18:56】 | 愛を伝える | トラックバック(5) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。