スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「幸せになるためのイタリア語講座」 プロポーズ
デンマークの首都コペンハーゲン。
妻を亡くし生きる気力を失った牧師のアンドレアス。
独りでいることに慣れてしまった美容師のカーレン。
短期が災いしてリストラの危機に瀕している、
レストランの雇われ店長のハル・フィン。
不器用ゆえ職を転々としているパン屋の店員オリンピア。
性的不能に陥ったホテルマンのヨーゲン。
ヨーゲンにひそかに思いを寄せるウェイトレスのジュリア。
週に一度のイタリア語初級講座を通じて出会った
6人の男女のひと冬の物語。

ヨーゲンもジュリアに好意をもっていたが、
数年前から性的不能に陥っており、
それが原因で自信がもてない。
ジュリアに想いを打ち明けることができないでいた。

ある日、講座で「皆でイタリアに行こう」という話がもちあがる。
クラスメイトたちはベニスにむかう。
そこで、ヨーゲンは、ジュリアを誘い出す。

男:ヨーゲン
女:ジュリア(イタリア人)

ヨーゲン 「言葉は通じないが  君に言いたい
       私は君よりも年上だし  別段とりえもない
       親戚もいない  仕事もそこそこ
       とりたてて趣味もない  イタリア語のほかは
       フィンのお陰で  何とかやれてる
       甘い言葉は苦手だ  どちらかと言えば鈍感で
       君とは大違い  セックスにの自信がない
       言葉は通じなくても  今 言わなければー
       永遠に言えない  君を愛している
       いつまでも  君と寄り添っていたい
       子供をつくり  君を見守りながらー共に老いたい
       朝起きてから寝るまで  一日中 君を愛す
       結婚してくれないか?

ジュリア 「デンマーク語は  ほんの少し分かるの
       話すのはヘタ  私は・・・たぶん・・・・
       あなたと結婚したいわ
 
       たけど まず  教会に行きたいの
       教会で考えるわ  待ってくれる?
       ここで待ってて
        : 
        :
       いいわ」

(抱き合う)

 

すご~く誠実なプロポーズ!
真剣に、しかも丁寧に、言葉で伝えてくれるって、嬉しい!
一生心に残るプローポーズの言葉!
感動で、私も「OK」しちゃうな!

     
幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版
監督: ロネ・シェルフィグ
出演: アンダース・W・ベアテルセン, ピーター・ガンツェラー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
【2005/08/31 08:41】 | プロポーズ | トラックバック(15) | コメント(12) | page top↑
「幸せになるためのイタリア語講座」 仲直りする
デンマークの首都コペンハーゲン。
妻を亡くし生きる気力を失った牧師のアンドレアス。
独りでいることに慣れてしまった美容師のカーレン。
短期が災いしてリストラの危機に瀕している、
レストランの雇われ店長のハル・フィン。
不器用ゆえ職を転々としているパン屋の店員オリンピア。
性的不能に陥ったホテルマンのヨーゲン。
ヨーゲンにひそかに思いを寄せるウェイトレスのジュリア。
週に一度のイタリア語初級講座を通じて出会った
6人の男女のひと冬の物語。

ある日、ハル・フィンは、仕事を続けるために、
散発に行くことを命じられる。
ヨーゲンのすすめで訪れた美容室で、ハル・フィンは、
美容師のカーレンと出会う。
2人は、出会ったその時からお互いに惹かれあう。

だが、クリスマスの夜、
ハル・フィンの口の悪さから仲違いしてしまう。

男:ハル・フィン
女:カーレン

カーレン   「何の用?」
ハル・フィン 「君を想っていた
カーレン   「顔をみせないで」
ハル・フィン 「謝りに来た」
カーレン   「謝ってもムダよ」
ハル・フィン 「悪かった
         後で向かえに来る」
カーレン   「ダメ」
ハル・フィン 「すまん」



ケンカをしたら、すぐに謝るのがベスト。
時間が経てば経つほど、心にしこりが残るから。

それでも、素直になれずに、すぐに謝れないこともある。
そんなときに、会えない間も、「君を想っていた」
と言うのは効果的かも。

この人は、私だけを愛してるんだな、という実感がわくもの。




幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

幸せになるためのイタリア語講座
監督: ロネ・シェルフィグ
出演: アンダース・W・ベアテルセン, ピーター・ガンツェラー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 08:41】 | 仲直りする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10日間で男を上手にフル方法」女心をくすぐる言葉
ベンの言葉には、ハートがたっぷり。
心が温まります。
で、ちょっと集めてみました。

男:ベン
女:アンディ

デートの別れ際に

アンディ 「あなたってー
       見かけ通り優しい?」
ベン   「違う」

(キス)

アンディ 「そう 私も違うのよ」



落ち込んでいるアンディに対して、

ベン   「笑顔を   
       さあ 笑顔を見せて
       いい笑顔だ おっかない」
(キス)



パーティーのために、アンディを迎えにいく。
アンディのドレス姿を見て・・・

ベン   「君は美しい」
アンディ 「あなたもステキよ」



参考にしてください。


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 03:52】 | その他のセリフ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
「10日間で男を上手にフル方法」 よりを戻す
アンディは、ルームメイトのミシェルと団欒している。
そこにミシェルの別れたボーイフレンド、マイクが、
もう一度やり直して欲しいと、花束を持って、訪ねてくる。

男:マイク
女:ミシェル

ミシェル 「マイク?マイク!どうしたの?」
マイク  「自分でも分らない
       昨夜 うちでー
       眠ろうとしたんだけど
       君が枕にまいた
       あの香水の香り・・・・

ミシェル 「あれね」
マイク  「あの香りが
       すっかり消えてしまって・・・
       もう一度 嗅ぎたい

ミシェル 「さあ・・・・
       それはもうムリかも」
マイク  「そうか 分った」
ミシェル 「でもー 考えてみてもいいわ」
マイク  「これを」

(花束をミシェルに渡す→キス)



「君が居なくなって、はじめて君がどんなに必要かわかったよ。
戻ってきてくれないか。」

ということを、

「香水のにおいが、部屋から消えたから、もう一度嗅ぎたい。」
って感じで表現してるわけでしょ。

こういうカワイイこと言われると、心の障害が消えて、
戻ってもいいかな、って感じになる、うん。

うまいな!うまいな!


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 03:51】 | 仲直りする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「10日間で男を上手にフル方法」 パーティに誘う
ベンは、アンディを家に送った後、パーティに誘う。

男:ベン
女:アンディ

ベン   「君の家だ」
アンディ 「私の家よ」
ベン   「そうだ
       明日 例のダイヤの 
       パーティがある
       一緒に行こう」
アンディ 「いいわ」
ベン   「いい? 僕の恋人として
アンディ 「私は“恋人”なの?」
ベン   「そう 僕の恋人だ」
アンディ 「明日は出会って10日よ
       結論は その後で」
ベン   「13日は予定を入れないで
       なぜなら・・・・・
       “ニックス”だ
       席は少し悪いけど
       見逃せない第7戦だよ」

(抱きあう)


*ニックス=バスケットボールのチーム名


彼との関係で

「彼にとって、私は何?」

と自問自答するような不安定な立場のときってあるよね。

パーティに参加したり、友人・知人、家族と会うときに、

「僕の恋人として」

なんて言われたら、すご~く嬉しい!


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 03:51】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「10日間で男を上手にフル方法」 仲直りする
アンディの、目に余る行動に、頭にきたベンは怒ってしまう。
アンディは、部屋を飛び出す。

男:ベン
女:アンディ

ベン   「アンディ 僕が悪かった 謝る
       つい言い過ぎた 許してくれ
       もう一度 やり直そう

アンディ 「まだ我慢する気?」
ベン   「君のためなら何でも
アンディ 「立って」
ベン   「何でもするよ
       ・
       ・
       ・
       ありがとう
       許してくれるね?」
アンディ 「愛してるわ
       でも 今は嫌い」
ベン   「ありがとう アンディ」



ケンカしたら、すぐに謝るべし。
膝まづいて、ただひたすら謝る。
彼の一生懸命な姿を見ていると、
なんだか、ケンカがばかばかしくなって、許しちゃうよね。

時間が経てば経つほど、仲直りしても、
しこりが残ってしまう感じがするな。


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 03:42】 | 仲直りする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「10日間で男を上手にフル方法」 デートに誘う
アンディは、ベンと出会った夜、ベンのアパートへ。
アンディは、深い関係にはならず、
わざとハンドバックをベンの部屋に置き忘れる。
ベンの友人がバックを開けてしまい、コンパクトやら色々落ちる。
その中には、バスケットボールの観戦チケットが2枚。

ベンは、アンディの勤務先に百本の白いバラを送る。

カードには
『バラよりも美しいあなたへ』 


バラが届いた頃を見計らって、アンディの勤務先に電話を入れる。

アンディ 「アンディです」
ベン   「美女のご機嫌は?
アンディ 「たくさんのバラ 恥ずかしいわ」
ベン   「楽しかった昨夜のお礼さ       忘れ物が・・・」
アンディ 「バックでしょ
       うっかりして・・・・」
ベン   「必要だろ?現金とクレジットカード それにー
       “ニックス”のチケット」
アンディ 「バックの中身を見たのね?」
ベン   「トンマの同僚のトニーが
       誤って床に落とした
       そうトンマだ」
アンディ 「いいのよ
       試合は誰かと行くわ」
ベン   「僕とだよ
       バックは忘れたんじゃない
       潜在意識で僕を誘う気だった
       潜在意識の欲求はー
       抑えると健康に悪い

アンディ 「それもクドき文句?」
ベン   「効くだろ?」
アンディ 「7番街の会場入り口で 7時半キッカリよ」
ベン   「了解 バイバイ」



日本の会社では、難しいかもしれないけど、
出会った翌日に、百本の白いバラは、感動します。
不意打ちで花束を贈ってくれたら、嬉しい!

「試合は誰かといくわ」に対して、即座に
「僕とだよ」という切り返し。
こういう強引さって、かわいいかも。

「潜在意識で僕を誘う気だった
 潜在意識の欲求はー 抑えると健康に悪い」

ばかばかしい理由だけど、笑っちゃうかも。
軽い気持ちで、デートは、『OK』しちゃうよね。


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/31 03:01】 | 誘う | トラックバック(12) | コメント(2) | page top↑
「10日間で男を上手にフル方法」 ナンパ
新米の雑誌ライター、アンディに、編集長が用意したのは
軽い“HOW TO”もののコラム。
なかなかテーマの決まらないアンディは、友達が語る失敗談から、
男と別れたい女性のための、“10日間で男にフラれる方法”
という企画を思いつく。
一方、独身の広告マン、ベンは上司から“10日以内に恋人をつくれば、
有名宝石店の宣伝の大仕事を任せる”約束をする。
そんなアンディとベンは、某パーティーで偶然会う。

男:ベン
女:アンディ

アンディ 「アンディ・アンダーソンよ」
ベン   「ベン・バリー」
アンディ 「キュートね 名前がよ」
ベン   「ありがとう」
アンディ 「ひとり?」
ベン   「今はね」
アンディ 「私もよ」
ベン   「意外だな」
アンディ 「ヘンタイ?」
ベン   「全然 僕とどう?」
アンディ 「いいわよ」
ベン   「空腹?」
アンディ 「ぺコペコ」
ベン   「出よう」
アンディ 「今?」
ベン   (うなずく)
アンディ 「いいわ すぐ行く」
ベン   「出口で」



ナンパは、こういうサラリとしたのがいいな。
警戒心が消えるし、食事ぐらいならいいかな?って感じになるよね。
食事のあとの逃げ道も残されている安心感がいいかも。


10日間で男を上手にフル方法

10日間で男を上手にフル方法
監督: ドナルド・ペトリ
出演: ケイト・ハドソン, マシュー・マコノヒー



映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/30 16:10】 | 誘う | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ドクトル・ジバゴ」 逃亡のなかで
パルチザンから脱走し、亡命者の夫となったジバゴと
すでに追放の身となっていたパーシャの妻ラーラ。
二人に追ってが迫っている。

男:ジバゴ
女:ラーラ

ジバゴ 「いずれ見つかるが」
ラーラ 「その時まで・・・・
      先が短いのなら・・・・」
ジバゴ 「精一杯楽しもう
      残りの時を



危機的状況から、二人で逃避行という場面でお使いください。
現代では、どういう状況? 夜逃げ? 


ドクトル・ジバゴ 特別版

ドクトル・ジバゴ
監督:デヴィッド・リーン
出演:オマー・シャリフ, ジュリー・クリスティ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/30 14:03】 | 愛を伝える | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ドクトル・ジバゴ」 不倫相手に想いを伝える
第一次世界大戦が始まると、ジバゴは従軍医師として戦線に赴く。
そこで、偶然、看護婦として働くラーラと再会する。
ラーラがすでにパーシャと結婚をしたのを知り、
自分もまた家庭を持っていたが、
ラーラへの愛をどうすることもできなくなっていた。
ラーラの夫パーシャの戦死の報告が入った。

男:ジバゴ(既婚者)
女:ラーラ(既婚者)

ラーラ 「不思議なご縁ね
      また会えるかしら」
ジバゴ 「モスクワへ来ないか」
ラーラ 「心配?」
ジバゴ 「支える人がいれば安心だが
      そうなると僕は嫉妬する

ラーラ 「やめて 
      お願い もう何も・・・・」



映画の流れからは、
「支えるひとがいれば安心だが そうなると僕は嫉妬する」
という言葉は、美しいけれど

通常、妻子ありの男の口説き文句としては上質ですよね。
この言葉は、不倫相手を傷つけることなく、
自分の想いを伝えることができるし、
同時に、女性の心をつかむことにもなる。
「奥さんがいてもいい~」って感じで。

しかも、彼女に対しての責任をさらりとかわすこともできるし・・・。

ふむふむ。。


ドクトル・ジバゴ 特別版

ドクトル・ジバゴ
監督:デヴィッド・リーン
出演:オマー・シャリフ, ジュリー・クリスティ


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)

ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2005/08/30 13:34】 | 告白する | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
「男と女(1966)」女を虜にする恋愛テクニック
アンヌは、夫をなくして、パリでひとり暮らし。
娘は、寄宿舎にあずけ、日曜日の面会を楽しみにしている。
寄宿舎を訪ねた帰りに、息子を寄宿舎へ訪ねていた、
スピードレーサーのジャン・ルイに出会う。
ャン・ルイもまた、妻を亡くしていた。二人は、次第に恋に落ちていく。

モンテカルロ・ラリーを終えたジャン・ルイのもとに、
アンヌから電報が届く。
「愛しています・・・」と書いてあった。
ジャン・ルイは、レースカーに飛び乗り、
アンヌのいるパリ、そしてドービルへ向かう。
二人は抱き合い、愛を確認する。



仕事でヘトヘトでも、長距離を車で会いにきてくれたら、もう感動!

いまなら、メールですか。
メールがきたら、メールで返信するか、電話するか、
簡単に終わらせてしまいそうですよね。
そういうときこそ、簡単に済まさないで、
無我夢中で、好きな女性のところに向かうと、ポイント高い!
彼女のほうから、ボールを投げてきているわけだし、
彼女の心をグッと鷲づかみする絶好のチャンス!



だが、アンヌは、死んだ夫のことが脳裏をよぎり、
ジャン・ルイの愛を受け取ることができない。
ジャン・ルイと別れ、逃げ出すように、
汽車に乗り、パリに向かう。
アンヌを忘れられぬジャン・ルイは、車で、
乗り換え駅に先回りして、ホームで、アンヌを待った。
思いがけぬ驚きと喜びで、アンヌは駆けてきます。
そして、二人は抱き合い、キスをする。



後味の悪い別れのあと、先回りして待っていてくれたら、
感動、すっご~く嬉しい!
もう、大好きって、感じになってしまいます。


男と女 特別版

男と女
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン・ルイ・トランティニヤン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/11 23:42】 | お洒落なアプローチ方法 | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
「男と女(1966)」 ベッドに誘う
伴侶に先立たれた男女が、
寄宿学校にいる互いの子供を通じて、知り合う。
二人は、惹かれ合い、恋に落ちていく。

ホテルのレストランにて・・・・。

男:ジャン・ルイ
女:アンヌ

アンヌ   「何がいい?」
ジャン   「さあ ステーキは?」
アンヌ   「そうね」
ジャン   「一番柔らかい肉はシャトウ? 2人前」
ウェイター 「焼き具合は?」
アンヌ   「レアー」
ジャン   「僕もだ 焼き立てを」
アンヌ   「モンテカルロを何時に出たの?」
ジャン   「確か・・・・」
ウェイター 「他に注文は?」
アンヌ   「何か注文しないと悪いみたい」
ジャン   「喜ばせよう ああ 部屋を注文する



ウェイターに、「他に注文は?」と聞かれ、
「部屋を注文するよ」という切り返し。
カッコイイイ~。大人の男って、感じ。。
こういうお洒落なことを、サラッと言えてしまう男性って、素敵ぃ~!
私もアンヌと同じく、なんの違和感も感じず、
ホテルの部屋に直行しちゃうな!
さらっとクールに、服を脱いじゃいます。


男と女 特別版

男と女
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン



映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2005/08/11 23:36】 | 誘う | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
「道(1954)」 人生に役立つ名セリフ・名文句
貧しく精神薄弱な田舎娘ジェルソミーナは、
母親に、1万リラと引きかえに、大道芸人ザンパノに売られる。
二人は、オート車輪で、芸をしながら旅を続ける。
ザンパノは、暴力によって、ジェルソミーナを妻にするが、
彼女を家畜のように扱いながらも、
金ができれば他の女と寝る粗暴な男。
ある日、サーカス一座で、綱渡り青年「キ印」と出会う。
「キ印」の男は、ザンパノの女、酒、暴力に自信を失い、
落ち込んでいるジェルソミーナを慰める。

女:ジェルソミーナ
男:「キ印」青年

「キ印」の青年 「この世の中にあるものは 
           何かの役に立つんだ
           例えば この石だ

ジェルソミーナ 「どれ?」
「キ印」の青年 「どれでもいい 
           こんな小石でも何か役に立ってる

ジェルソミーナ 「どんな?」
「キ印」の青年 「それは・・・
           おれなんかに聞いても 
           わからんよ
           神様はご存知だ
           お前が生れる時も死ぬ時も
           人間にはわからん
           おれには小石が
           何の役に立つかわからん
           何かの役に立つ
           これが無益ならすべて無益だ
           空の星だって
           同じだと おれは思う  
           お前だって
           何かの役に立ってる
           アザミ顔のブスでも」

ジェルソミーナは、その小石を貰う。
小石をじっと見てうなづく。



誰にでも、落ち込み、自信がなくなるときがある。
自分を無価値な人間だと思い込んでしまう。
そんなとき、「小石だって、役に立っているんだ」
と言われると、嬉しいもの。
存在価値を与えてくれる言葉って、勇気付けれられますよね。

道
道(1954)
監督: フェデリコ・フェリーニ
出演: ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン



映画のセリフで口説いてみない?(女性版)

ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2005/08/11 16:53】 | 人生に役立つ名セリフ | トラックバック(2) | コメント(3) | page top↑
「年下のひと」 キスをする
1832年。29歳の女流作家ジョルジュ・サンドは、夫と別居し、
ふたりの子供を連れてパリへやってきた。
そんな矢先、彼女は、文学者の集まる朗読会で
6歳年下の美貌の若き詩人ミュッセと出会い、恋におちる。

男:アルフレッド・ミュッセ
女:ジョルジュ・サンド

ミュッセ 「恐ろしい考えが・・・・・
       言いだす勇気がない
       ここで、あなたにキスをしたい

       大丈夫しないから」
(キス)



わぁぁあああ、さすがミュッセ!
詩人ですし、キザな言葉も違和感がないという感じでしょうか。
現代風に変えると、ふむふむ。

年下のひと 特別版
年下のひと 特別版
監督:ディアーヌ・キュリス
出演:ジュリエット・ビノシュ,ブノア・マジメル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/10 01:50】 | キスをする | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
「恋愛適齢期」 仲直り⇒愛を伝える
若い女が大好きな63歳の富豪ハリーは、
週末恋人マリンと過ごそうと、彼女の母親の別荘へ。
そこで、彼女の母親エリカと出くわす。
エリカは54歳のバツイチ劇作家。
ハリーは、心臓発作で倒れ、病院に運ばれる。
そして、エリカの別荘で療養生活を送ることになる。
20歳近くも年下の彼からの告白にうろたえるエリカ。
そんな中、ひとつ屋根の下で暮らすうちに、
エリカとハリーは惹かれはじめ、ついに結ばれる。
が、ハリーは、再び若い女性のもとへ・・・。
激しいショックを受け、悲しみに打ちひしがれるエリカに、
年下の青年医師ジュリアンの変わらぬ純粋な想いが注がれる。
エリカとジュリアンは、パリに向かう。
エリカへの気持ちに気づいたハリーもまた、
エリカを追いかけ、パリに向かう。

女:エリカ
男:ハリー

ハリー 「ジュリアンは?」
エリカ 「ホテルに戻ったわ
      分かったんですって
      私があなたを愛してると
      どう思う?」
ハリー 「本当なら
      これ以上の幸せはない」
エリカ 「なぜ来たの?」
ハリー 「心臓発作なら、楽に立ち直れる
      だが、君はー そうはいかん
      お陰で、やっと分ったんだ
      この年になってー
      恋をしてる
      生まれて初めて
      それを伝えたくて

エリカ 「ハリー」

(キス)



「恋をしている 生まれて初めて それを伝えたくて」
キャー!そんなこと言われたら、嬉しいぃぃー!


恋愛適齢期
恋愛適齢期
監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:出演:ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーブス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/05 01:28】 | 仲直りする | トラックバック(8) | コメント(6) | page top↑
「恋愛適齢期」 告白する
若い女が大好きな63歳の富豪ハリーは、
週末恋人マリンと過ごそうと、彼女の母親の別荘へ。
そこで、彼女の母親エリカと出くわす。
エリカは54歳のバツイチ劇作家。
ハリーは、心臓発作で倒れ、病院に運ばれる。
そして、エリカの別荘で療養生活を送ることになる。
ハリーの担当医となったジュリアンは、病院で、
エリカにひと目惚れし、純粋に思いを伝えてくる。
20歳近くも年下の彼からの告白にうろたえるエリカ。

女:エリカ
男:ジュリアン

エリカ    「ジュリアン、聞いてもいい」
ジュリアン 「何でも
エリカ    「年はいくつ?」
ジュリアン 「36です」
エリカ    「私は20歳ちかく年上ね
        かなりの年の差だとは思わない?」
ジュリアン 「別に構わない
エリカ    「本当に?」
ジュリアン 「ああ」
エリカ    「ああ、でも、私たちの関係だけど
        あなたの望みはー、友だちでしょ?」
ジュリアン 「本心?違う」
エリカ    「じゃ、どうなりたいの」
ジュリアン 「言えば困ると思うな」
エリカ    「もう十分にうろたえているんだけど」
ジュリアン 「僕を魅力的だと思う女性もいる
        未婚だし、医者だしね
        それが魅力になることも」
エリカ    「分かるわ
        同年代の女性には興味ないの?」
ジュリアン 「あるけど、初めてなんだ、こんな気持ち
        もし経験したことのない感情がわいたらー
        それが何か知りたいだろ?

エリカ    「たぶんね
        あまり経験がないから、よく分からないけど」
ジュリアン 「まさか、モテるくせに」
エリカ    「からかわないで、全然よ
        私の知る限り、同年代の男性はー
        私と違う普通の女性が好きなの」
ジュリアン 「バカな連中だと思わない?
エリカ    「言えてるは、確かに」

(ジュリアンは、エリカの首にキスをする)

ジュリアン 「いい香りだ」
エリカ    「ただの石鹸だ」
ジュリアン 「エリカ、きみは、すごくセクシーだ
エリカ    「まさか、それはね、思い違いよ」



「同年代の女性には興味ないの?」と年上の女性に聞かれたときに、
ジュリアンは、「ないよ」とは答えない。
「あるよ」と肯定するからこそ、その後の言葉に真実味をもたせる。
褒め言葉に白々しさを感じずに、素直に受け入れてしまう。

「初めてなんだ、こんな気持ち 
もし経験したことのない感情がわいたらー
 それが何か知りたいだろ?」

女性は、「初めて」という言葉に弱い。
年下であろうが、年上であろうが関係ない。
自分を特別だと思わせてくれる男性に惹かれるもの。



恋愛適齢期
恋愛適齢期
監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:出演:ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーブス


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)

ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/04 23:37】 | 告白する | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
「ピアニスト」 愛を伝える
ウィーン。エリカは幼い頃からピアニストになるために、
母に厳しく教育を受け、恋人をつくることも許されなかった。
現在は名門ウィーン国立音楽院のピアノ科の教授をしている。
母は、エリカが40歳を過ぎた中年になった今も、
彼女を監視し、二人で暮らしている。
ある日、小さな演奏会で、青年ワルターと出会う。
彼は、ピアノを弾く彼女に恋をする。
そして、音楽院の大学院に入学し、彼女の生徒になる。
彼の一途な恋心を感じたエリカもいつしか彼に惹かれていく。

男:ワルター
女:エリカ

ワルター 「いつ会えるの?」
エリカ   「電話で決めましょ」
ワルター 「今週末二人だけで、田舎へ行こう」
エリカ   「母とでかけるから」
ワルター 「断って
       僕たちのことだけ、考えて
       今までの分を補う

エリカ   「私が人より出遅れた女だから?」
ワルター 「他人なんか気にしないで
       お母さんとか、両親も
       ママのために、愛を犠牲にするのか?
       一度くらい感情に流されてごらん
エリカ   「ベタベタしないで」
ワルター 「愛してる、臆病になるな



それでも、エリカは、ワルターを受け入れることができない。
ワルターを頑なに拒み続ける。
ワルターは、エリカを家まで尾(つ)けていく。


エリカ   「何しに来たの?」
ワルター 「尾(つ)けてきた」
エリカ   「電話で話すわ」
ワルター 「僕を夢中にさせて、逃げ回るなんて」
エリカ   「夢中に?」
ワルター 「どこか二人だけで、話せる場所へ行こう」



「僕たちのことだけ、考えて 今までの分を補う」
「愛してる、臆病になるな」
普通は、年下の美形男児に、
こんなことを言われたら、確実に揺れます。
いままで、幸せを犠牲にしてきた分を、僕が補う、
な~んて言われたら、感動で泣けてきますよ。

ところがどっこい、エリカは普通じゃなかったんですね。


ピアニスト
ピアニスト
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/04 18:48】 | 愛を伝える | トラックバック(7) | コメント(1) | page top↑
「ピアニスト」 キスをする
エリカは、40歳を過ぎた未婚の女性。
名門ウィーン国立音楽院のピアノ科の教授をしている。
ワルターは、エリカの生徒。

男:ワルター
女:エリカ

ワルター 「なぜ、避けようとするんだ?
       あなたを見ないのはー
       見ると、その首筋に、キスをしたくなるからだ
       キスしてもいい?



わ、キザだなぁ。
でも、知的な女性には効果あるかも。


ピアニスト
ピアニスト
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/04 18:25】 | キスをする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ピアニスト」 想いを伝える
エリカは、名門ウィーン国立音楽院のピアノ科の教授をしている。
エリカが40歳を過ぎた中年になった今も、母親の監視を受けながら、暮らしていた。
彼女は、男性に触れられたこともない。
ある日、小さな演奏会で、青年ワルターと出会う。
ワルターは、ピアノを弾く彼女に恋をする。
彼は、音楽院の大学院に入学し、エリカの生徒になる

女:エリカ
男:ワルター

ワルター 「あなたの気を惹きたくて
       チャンスを
       あなたも僕に関心があるはずだ
       勉強は捨てた
       本当です
       バカげいるかな
       
       あの演奏会で、出会って以来、
       二人がーナットとボトルしか、思えません
       情感のない比喩で悪いけど
       入学する気はなかった」
エリカ   「ウソを言わないで」
ワルター 「本当だ
       まず話を聞いて

エリカ   「何のために?
       何をしてるの座って弾いて」
ワルター 「このあとの予定は?
エリカ   「やめなさい」



「ナットとボトル」というのは、ちとデリカシーに欠けるかな。

一緒にいたいがために、通っていた大学を辞め、
追いかけてくるのは、嬉しいかも!

ここで、注意!
ワルターは、年下のイケメンだから許されるけど、
ひとつ間違えれば、ストーカー・・・死ぬほど嫌われる危険が・・・。


ピアニスト
ピアニスト
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/08/04 18:10】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。