スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ぼくの美しい人だから」 プロポーズの言葉
妻を交通事故で亡くし、無気力な生活を送っていた
27歳のエリート広告マン。
息子を亡くし、自堕落な生活を送る
43歳のハンバーガー店の売り子。
そんな二人が出会う。ひとときの情事から、恋に落ちていく。
年の差もあれば、住む世界も違う二人。
女は、年齢、生活の違いに負い目を、
男は、家族、友人たちに、一種の恥を感じ、
二人の仲を公にできない。
事あるごとにぶつかり言い争ってしまう。
そして、女は別れを告げ、街を出ていく。
そんなある日、女の働くレストランに、男が現れて・・。


女:ノラ
男:マックス

マックス 「君しかいないんだ
ノラ   「そんな事を言ってもダメ 
      大卒のいい子を見つけて一緒になりなさい
      私はあなたの汚点だもの」
マックス 「僕は自分自身が恥ずかしい
ノラ   「ここをクビになるわ」
マックス 「僕もあんな生活に合わないんだ」
ノラ   「町に帰って」
マックス 「セントルイスには戻らない
      仕事もやめた
      N.Y.に部屋を借りたよ
      狭くて窓を開けると
      ゴミ置き場が見える
      もう一度、教師としてやり直すつもりだ
ノラ   「人は急に変わらないわ」
マックス 「過ちにきづいたら 手遅れになる前に変える 
       大卒のいい子なんかいらない
       君が欲しい 愛してるよ

・・・・・キス・・・・・・



仕事やら何やら全てを捨てて、追いかけてくるのは、困るけど、
大喧嘩のあとに、
「過ちにきづいたら、手遅れになる前に変える」
「君しかいないんだ」「君が欲しい」
な~んて言われたら、許しちゃう。
プローポーズも、間髪いれず「OK」よ~ん!


ぼくの美しい人だから 
ぼくの美しい人だから
監督:ルイス・マンドーキ
出演:スーザン・サランドン、ジェームズ・スペイダー


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

スポンサーサイト
【2005/06/29 04:06】 | プロポーズ | トラックバック(3) | コメント(2) | page top↑
「かげろう」 プロポーズの言葉
第二次世界大戦下のフランス。
オディールは、13歳の息子と7歳の娘を持つ未亡人。
ドイツ軍から逃れるため、南に向かう。
その途中、ドイツ軍機は小さな家族を襲う。
オディールたちは、17歳の少年イヴァンに助けられ、
森の奥の誰もいない一軒家にたどり着く。
隔絶された場所で、共同生活をおくるうちに、
オディールとイヴァンは、年の差を越えて、
魅かれるようになっていく。


女:オディール
男:イヴァン

オディール 「同世代の女友達は?」
イヴァン 「まるで興味ないね
       あんただけだ
       妻になってくれ

オディール 「でも・・・・・・
        どうかしてるわ
        バカげているわ
        妻ってどういうこと?」
イヴァン 「夫婦みたいに暮らすのさ
       誰にも知られずに」
オディール 「飲む気が失せたわ
        眠るわ、頭がクラクラする」
イヴァン 「一緒にいて
       怒るな
       話し方を知らないんだ

オディール 「怒っているわけじゃないから」
イヴァン 「ボトルを空けよう
       君の好きなようにするよ



年下の男性から「妻になってくれ」と唐突に言われて、
こちらが戸惑って、拒絶しそうになったときに、
「話し方を知らないんだ」「君の好きなようにするよ」
な~んて言われたら、もうメロメロです。

この不器用さが、すご~くピュアに思えて、
母性本能がくすぐられてしまいますゎ。

これまた、「OK」しちゃうな!


かげろう
かげろう
監督:アンドレ・テシネ
出演:エマニュエル・ベアール、ギャスパー・ウリエル


映画のセリフで口説いてみない?(女性版) 


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

【2005/06/29 02:48】 | プロポーズ | トラックバック(10) | コメント(11) | page top↑
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」結婚を反対されたら
トゥーラは、ギリシャ系アメリカ人。
トゥーラの家族は
「ギリシャ人はギリシャ人としか結婚してはならぬ」
と考えている。
ところが、トゥーラの好きになった男性は、
白人でアングロサクソン系のプロテスタント。
おまけに菜食主義者。
二人の結婚に、トゥーラの家族は大反対。



男:イアン
女:トゥーラ

トゥーラ 「このままじゃ、とても結婚はムリだわ
      あなたと一緒なら、私は幸せ
      でも家族が不幸なの
      結婚式をうちの教会で挙げられない限りね
      私を連れて逃げてよ」
イアン 「君を愛してる
トゥーラ 「どうして、どうして私を?」
イアン 「君が生きる歓びをくれた
トゥーラ 「でも、家族が」
イアン 「君は家族と一部だ
     認めてもらうためなら、僕はどんな努力でもする
     君は僕の全てだから 
     トンズラして結婚するなんて、
     自分を恥じるようなマネはしたくない」



イアンは大人だな!
家族の幸せは、彼女の幸せ。
駆け落ちなんぞ考えず、家族を説得する選択をする。
反対されても、嫌な思いをしても、
彼女の幸せを第一に考える。彼女との愛を貫くために、
宗教もギリシャ正教会に変えてしまうんだから。
男気を感じる。

「僕と逃げよう」じゃ、あきまへんで、兄さん!
男なら立ち向ってくれろ!



マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
監督:ジョエル・ズウィック
出演:ニア・ヴァルダロス、マイケル・コンスタンティン


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/06/25 18:10】 | その他のセリフ | トラックバック(14) | コメント(11) | page top↑
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」 プローポーズの言葉
男:イアン
女:トゥーラ

イアン 「愛してる
トゥール 「私もよ」
イアン 「どう・・・・、どう言えばよいか
トゥール 「何なの?」
イアン 「結婚してくれ
トゥール 「YESよ」

・・・イアンは、トゥールに指輪をはめ、
   優しくキスをする・・・



やっぱ、ストレートが一番よ。
少し躊躇してしながらのほうが、
「もう~じれったぁ~い」「かわいい~~」
なんて思うのかな?


マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
出演:ニア・ヴァルダロス、マイケル・コンスタンティン
監督:ジョエル・ズウィック


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)


ninnki2 ←よろしくお願いします!!

 
【2005/06/25 03:00】 | プロポーズ | トラックバック(4) | コメント(56) | page top↑
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」 告白の言葉
男:イアン
女:トゥーラ

イアン 「僕の人生は、今まで退屈そのものだった。
      でも、君と出会った。
      面白くて、美人で、楽しい君に。
      君と一緒にいたい。
      君と付き合いたいんだ。



私との出会いで、人生が変った、
な~んて言われたら、「OK」しちゃいそう!
「君は特別」的な言葉は、
「この人には私しかいない」って、
錯覚に陥っちゃうよね!


マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング
出演:ニア・ヴァルダロス、マイケル・コンスタンティン
監督:ジョエル・ズウィック


映画のセリフで口説いてみない?(女性版)

ninnki2 ←よろしくお願いします!!
【2005/06/25 02:46】 | 告白する | トラックバック(0) | コメント(54) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。